« 「形容詞 + enough to 動詞」で、「~するほど十分に~である」 | トップページ | 「であるに違いない」、「must be」 »

2007年10月16日 (火)

「したに違いない」は、「must have 過去分詞」

今日の教えて : 「must have 過去分詞」は、「だったに違いない」、「したに違いない」と過去のことを推量する時に使う。

Example :

「昔の写真を見る限り、ウチの爺ちゃん若い頃ずいぶんもてたはずよ。」
  As far as I see old pictures, my grandpa must have been popular with girls when he was young.

「強がってるけど、彼女のこと好きだったに違いないよ。」
  Although he pretends as if he is okay, he must have loved her.

「話し方からして、間違いなく大阪生まれだよ。」
  He must have been born in Osaka from the way he speaks.

「年と共に丸くなってきたけど、若い頃は気性が激しかったに違いない。」
  He is getting milder and milder with age, but he must have been aggressive at a young age.

「今思い直せば、彼は苦しかったに違いない。」
  Looking back today, he must have had difficulty.

See you,
Mike Matsutani

« 「形容詞 + enough to 動詞」で、「~するほど十分に~である」 | トップページ | 「であるに違いない」、「must be」 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/8443452

この記事へのトラックバック一覧です: 「したに違いない」は、「must have 過去分詞」:

« 「形容詞 + enough to 動詞」で、「~するほど十分に~である」 | トップページ | 「であるに違いない」、「must be」 »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ