« 仮定法その1: 仮定法過去 | トップページ | 仮定法その3:「ならいいよね」は「I wish 主語 + 過去形」 »

2007年10月26日 (金)

仮定法その2: 仮定法過去完了

今日の教えて : 今日は仮定法過去完了じゃ。形と意味をしっかりマスターすべし。

(1) 形 :  IF 主語 + 過去完了, 主語+助動詞の過去形 + have 過去分詞
    (例) If I had studied harder, I would have passed the test.
        もっと一生懸命勉強していたら、テスト受かっていたのに。

(2) 意味: 過去の事実に反することを仮定する (上の例では、「勉強しなかったから、テストに落ちた」というのが過去の事実であるが、勉強していたらと事実に反することを仮定している)

では、以下の例で確認してみよう。

Example :

「もし、亀田大毅が内藤に勝っていたら、亀田家の暴走は手に負えないものになっていたことだろう。(内藤が勝って亀田が負けたという過去の事実に反したことを仮定している)」
  If Daiki Kameda had beaten Naito, the Kamedas would have been much wilder and uncontrollable.

「もし、陣内智則が藤原紀香と共演していなかったら、結婚はなかっただろう。」
  If Tomonori Jinnai had not acted with Norika Fujiwara, he would not have got married to her.

「ペリー提督が1853年に浦賀沖に現れていなかったら、江戸幕府はもっと続いていたであろう。」
  If Commodore Perry had not arrived off Uraga in 1853, Edo Shogunate would have lasted longer.

「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、歴史が変わっていただろう。」
  If Cleopatra's nose had been shorter, the world history would have been different.

「グレアム・ベルが130年前に電話を発明していなかったなら、携帯電話はこれほど普及していなかったかも。」
  If Graham Bell had not invented a telephone 130 years ago, a cellphone might not have been popular so much.

So long,
Mike Matsutani

« 仮定法その1: 仮定法過去 | トップページ | 仮定法その3:「ならいいよね」は「I wish 主語 + 過去形」 »

英文法ー仮定法編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/8609175

この記事へのトラックバック一覧です: 仮定法その2: 仮定法過去完了:

« 仮定法その1: 仮定法過去 | トップページ | 仮定法その3:「ならいいよね」は「I wish 主語 + 過去形」 »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ