« 関係代名詞その3:「所有格」 | トップページ | 関係代名詞その5:継続用法 »

2007年11月 6日 (火)

関係代名詞その4: 「what」

今日の教えて : 今日の関係代名詞はちょっと変わっているぞ。これまでは、関係代名詞の前に必ず名詞があったが、今日の関係代名詞には直前に名詞がない、というかその名詞が関係代名詞に含まれているのだ。

He did something. (何かをした) He wanted to do it. (その何かをしたかった)
その2でやったように、関係代名詞"which"を使うと、"He did something which he wanted to do."という文章ができるが、この"something which"を"what"という関係代名詞で置きかえると、"He did what he wanted to do."となる。これが、直前の名詞がない(またはそれをふくむ)関係代名詞"what"の正体だ。

Example :

「中日ファンが待ち望んでいたのは53年ぶりの日本一だ。」
  What Dragons fans wated the most is the first winner of the Japan Series in 53 years.

「分かった、お前の言いたいことはそれだけか?」
  All right. Is that all

「やりたいことやって、いいたいこと言って、いい気なもんね。」
  You did what you wanted to do and said what you wanted to say. How selfish!

「やってしまったことよりこれからやろうとしていることの方が大事だよ。」
  What you are going to do is much more important for you than what you did.

See you
Mike Matsutani

« 関係代名詞その3:「所有格」 | トップページ | 関係代名詞その5:継続用法 »

英文法ー関係詞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/8735599

この記事へのトラックバック一覧です: 関係代名詞その4: 「what」:

« 関係代名詞その3:「所有格」 | トップページ | 関係代名詞その5:継続用法 »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ