« 関係代名詞その1: 「主格」 | トップページ | 関係代名詞その3:「所有格」 »

2007年11月 4日 (日)

関係代名詞その2:「目的格」

今日の教えて : 関係代名詞が説明文の目的語になっている場合を見てみよう。この場合は関係代名詞を省略できるので、実際には関係代名詞は見当たらない事が多い。

"This is the book.(これは本です)"と言うと、相手はどんな本と聞くだろうから、先にどんな本かを説明したほうが親切。「高価な本」ならば、形容詞を使って"This is the expensive book."といえばよい。関係代名詞は不要。しかし、「父が高島屋で買ってくれた高価な本」ならば、形容詞だけでは説明できない。

"This is the expensive book. My father bought it at Takashimaya."ここで、代名詞の"it"は、前文の"book"を指している。つまり、この場合、"it"は単なる代名詞というより、"book"と関係がある代名詞なのである。これが関係代名詞というもので、"it"ではなく、"which"という関係代名詞を使う。

"This is the expensive book my father bought which at Takashimaya."という文章ができそうだが、"which"は関係する名詞(または説明するべき名詞)の直後に置くことになっているので、"This is the expensive book which my father bought at Takashimaya."という関係代名詞を使った文章ができる。

このように、関係代名詞のwhichが、説明文の目的語(この場合、boughtの目的語)になっている場合は、関係代名詞を省略できることになっているので、実際には、"This is the expensive book my father bought at Takashimaya."という文章になることが多い。以下の例は、すべて関係代名詞を省略したものである。

Example :

「分かった、お前の言いたいことはそれだけか?」
  All right. Is that all you want to say?

「これが、デビ夫人の愛してやまないヴィトンのバッグだ。」
  This is the Louis Vuitton bag Dewi Soekarno loves the most.

「ルー大柴がしゃべる英語はあやしいものだ。」
  English Lou Oshiba speaks probably sounds funny to Americans.

「嫌いな上司に飲めないくらい熱いお茶を入れてやったよ。」
  I served tea too hot to drink to my boss I don't like.

「花咲かじいさんの飼っていたポチは畑で小判をみつけました。」
  Pochi an old man called "Hanasaka-jiisan" kept found a lot of money in the fields.

So long,
Mike Matsutani

« 関係代名詞その1: 「主格」 | トップページ | 関係代名詞その3:「所有格」 »

英文法ー関係詞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/8734257

この記事へのトラックバック一覧です: 関係代名詞その2:「目的格」:

« 関係代名詞その1: 「主格」 | トップページ | 関係代名詞その3:「所有格」 »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ