« Oneの使い方 | トップページ | 「many」と「much」 »

2008年1月30日 (水)

aとtheの使い方

今日の教えて : "a"は、単数の数えられる名詞の前につけ、世の中にたくさんあるもののうちの不特定の一つを意味する。 "the"は、単数でも複数でも、また数えられる名詞でも数えられない名詞にでもつけることができるが、話し手と聞き手両方が知っているある特定の名詞を指す。

Example :

「いいレストラン見っけ」 「そのレストランならみんな知ってるよ」
  "I found a nice restaurant." "Everybody knows the restaurant."

(解説)a restaurantは、世の中にたくさんあるいいレストランのうちの一つを指す。the restaurantは、すでに話題に出た、そのレストランと意味している。

「で、はいくらなの?」 「手取り月に20万円だよ。」
  "So, what's your salary?" "It's \200,000 a month after tax."

(解説)a month 1ヶ月につき

「犬は人間のよき友達である。」
A dog is friendly to man.

(解説)a dogの"a"はその種類全体を指す。犬はすべての意。The dogでも同じ意味になる。manは無冠詞で人間を指す。

「地球の年齢は46億年とされる。」
  The earth is estimated to be 4.6 billion years old.

(解説)世界に一つしかないものにはtheがつく。

「その白黒テレビは40年前のものです。」
  The black and white TV is 40 years old.
「その白いテレビと黒いテレビは40年前のものです。」
  The black and the white TV are 40 years old.

Ciao,
Mike Matsutani

  

« Oneの使い方 | トップページ | 「many」と「much」 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Oneの使い方 | トップページ | 「many」と「much」 »

ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ