« NOTを使わない否定文 | トップページ | ちと、クセのある否定文 »

2008年1月22日 (火)

全否定と部分否定

今日の教えて : 否定には、一部を否定する場合と、全部を否定する場合がある。以下の例で確認されたし。前半が部分否定で、後半が全部否定じゃ。

Example :

(1) all, both, everyは部分否定
「友人の全員が優しかったわけではない。 / 誰も優しくなんかしてくんなかったわよ。」
  All of my friends were not kind to me. / None of my fiends were kind to me.

「友人2人とも優しかったわけではない。  / 2人とも優しくなかったし。」
  Both of my friends were not kind to me. / Neither of my friends were kind to me.

「すべての努力が報われるわけではない。 / 努力、全然報われなかったじゃん。」
  Every effort is not paid off. / No effort was paid off.

(2) always, necessarily, completelyも部分否定
「必ずしもいつも遅れるわけじゃない。/ 一度も遅れたことなんかないけどー。」
  He is not always late. / He's never been late.

「必ずしも金持ちになりたいわけではない。/金持ちなんてまっぴらごめんでえ。」
  I don't necessarily want to be rich. / I never want to be rich.

「あの夜のこと完全に忘れたわけじゃないのよ。 / あの夜のことは決して忘れないわ。」
  I've not completely forgot about that night. / I'll never forgot about that night.

Bye,
Mike Matsutani

« NOTを使わない否定文 | トップページ | ちと、クセのある否定文 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NOTを使わない否定文 | トップページ | ちと、クセのある否定文 »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ