« 助動詞その5: must | トップページ | 受動態のこころ »

2008年2月29日 (金)

助動詞その6: will

今日の教えて : 「will」も「be going to」も、未来をあらわすのは、皆も知ってるやろ。意味の違いも理解しとかなあかん。
I will marry him.         「結婚するつもりだ。」 「結婚するだろう。」
I'm going to marry him.     「結婚する予定だ。」

上の文章は、意志未来(するつもり)ともとれるし、単純未来(だろう)ともとれる。どっちにしても、はっきりとした予定があるかどうかは、ようわからん。けど、下は、現在進行形の形になってるから、もうすでに結婚の準備が始まっており、結婚することは決まっているような感じがするやろ。

Example :

(1) 単純未来 (たぶん~でしょう)
「あいつ多分また遅れてくるよ。」
  He will be late again.

(2) 意志未来 (~しよう、~するつもりだ、~する意思がある)
「俺が代わりに言ってやる。」
  I will talk to him for you.

(3) 相手の意思を問う
「背中掻いてくんない?」
  Will you scratch my back?

(4) 否定文で、主語の強い拒絶
「もう、お前とは金輪際、会わない。」
  I won't see you any more.

(5) 番外編 (意思を表す will を名詞で使うと、遺言になる。)
「遺言どおり、腹違いの姉にも平等に遺産が支払われた。」
  His money was given equally to an older half sister in accordance with a will.

Ciao,
Mike Matsutani

« 助動詞その5: must | トップページ | 受動態のこころ »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 助動詞その5: must | トップページ | 受動態のこころ »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ