« To 不定詞その3: 副詞用法 | トップページ | blameの使い方 »

2008年3月 6日 (木)

分詞構文とは

今日の教えて : 分詞構文の作り方。
(1) 接続詞(when, asなど)を省略
(2) 主語を省略(前後で主語が異なる場合は省略できない)
(3) 動詞を現在分詞形(~ing)にする

When I met her for the first time, I fell in love with her.(彼女に一目ぼれ)
この文から、接続詞、主語を省略し、動詞を~ing形にすると以下の文になる。
Meeting her for the first time, I fell in love with her.
また、この文に接続詞、主語を付け加え、meetingを普通の動詞の形に直すと、元の文になる。

以下は、よく見られる分詞構文の例である。

(1) ~した時に、~するやいなや
「コロンボは現場に着くやいなや、殺人事件の手がかりを探し始めた。」
  Arriving at the scene, Columbo started to look for a lead to the murder case.
= As soon as he arrived at the scene, Columbo .........

(2) ~なので
「携帯を忘れたので、公衆電話を探さざるを得なかった。」
  Leaving my cell-phone at home, I had to look for a public phone.
= As I left my cell-phone at home, I had to .........

(3) もし~なら
「全問正解すれば、大金が手に入る。」
  Answering all the questions correctly, you will get a lot of money.
= If you answer all the questions correctly, you will ......

(4) ~しながら
「彼女は、何度もふり返りながら、さようならと手を振っていた。」
  Looking back many times, she was waving goodbye to me.
= She looked back many times, and she was waving.....

(5) 慣用句
「年令からして、彼には無理だろう。」
  Judging from his age, it would be difficult for him to do it.
= If we judge from his age, it would be ......

Good day,
Mike Matsutani

« To 不定詞その3: 副詞用法 | トップページ | blameの使い方 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« To 不定詞その3: 副詞用法 | トップページ | blameの使い方 »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ