« 分詞構文とは | トップページ | remind A of B »

2008年3月 7日 (金)

blameの使い方

今日の教えて : blameには責めるという意味がある。よって以下のような意味になる。
~ be to blame    ~が責めを負うべきだ、~が悪い
blame ~       ~を責める
~ be to blame for......    ~が.....に対して責めを負うべきだ
blame ~ on ...... ~を.......のせいにする

Example :

「あの事故に関する限り、漁船には責任がない。」
  As far as the accident is concerned, the fish boat is not to blame.

「むしろ、イージス艦の方を責めるべきだろう。」
  In fact, we should blame the Aegis.

「石破防衛大臣だけでなく、福田首相にも衝突事故の責任の一端がある。」
  Not only Defense Minister Ishiba but also Prime Minister Fukuda is partly to blame for the collision

「両者が責任のなすり合いをしている場合じゃない。行方不明者の捜索が最優先だ。」
  It's not the time to blame it on each other. The most important thing is to search for missing persons. 

「誰のせいでもありゃしない。みんなオイラが悪いから。」
  Nobody is to blame, 'cause I am to blame for everything.

Bye
Mike Matsutani

« 分詞構文とは | トップページ | remind A of B »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 分詞構文とは | トップページ | remind A of B »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ