« 自慢の"be proud of" | トップページ | 取っておくのは、"set aside" »

2008年3月26日 (水)

むしろ~したい、"would rather ~"

今日の教えて : "would like"は、単純に「~したい」。 "would rather"の方は、「どちらかというとむしろ~したい」というように、何かとくらべているので、"would rather A than B"、「BよりはむしろAがしたい」のような形をとることが多い。

Example :

「かなわないでくれ。むしろ寝ていたいんだ。」
  Don't bother me. I'd rather stay in bed.

「いや、彼女には言わん方がええやろ。知らぬが仏ってやつや。」
  No, we'd rather not tell her about it. We can say not knowing is better than knowing.

「玉ねぎ食べさせられるんやったら、昼飯ぬきの方がええ。」
  I'd rather do without lunch than have to eat onions.

「この件については、彼よりむしろ貴方にお願いしたいと思っています。」
  I'd rather ask you than him about this matter.

「ですから、その件につきましては、ただいま調査中ですのでコメントを控えさせていただきます。」
  So, we'd rather not comment on this matter until our own follow-up check is completed

Bye,
Mike Matsutani

« 自慢の"be proud of" | トップページ | 取っておくのは、"set aside" »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自慢の"be proud of" | トップページ | 取っておくのは、"set aside" »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ