« 「どうぞ」 = "please"ではない。 | トップページ | 「思う」="think"ではない »

2008年5月16日 (金)

英語の謝り方

今日の教えて : 英語の謝り方といっても、もちろんいろいろあるが、簡単なのは、"I'm sorry"の後に文章をつなげること。ただし、これは、済んでしまったことに対して謝る場合だ。

これからやろうとしていることに対して「すいません」の気持ちを伝えたいときは、"I'm sorry to 不定詞"を使う。

Example :

「遅れて、ごめんなさい。待った?」
  ( I am ) Sorry I am late. Have you been waiting long?

「いや、それより、昨日は、貴女が一番気にしてること言ってすまない。」
  No. Never mind. I'm sorry I told you what you were most concerned about yesterday.

「こちらこそ、あんなことで、貴方に当たったりしてごめんなさい。」
  Oh, no. I'm sorry I got angry at you about little thing like that.

「いやいや、貴女が悪いわけじゃない。謝るのはこちらの方だよ。」
  No, you are not to blame. It's me who should say, "Sorry".

「あのう、すいません、お二人のお邪魔をするようで悪いんですが、道をあけてくれませんか?」
  Well, excuse me. Uh, I'm sorry to disturb both of you, but would you get out of my way?

See you tomorrow
Mike Matsutani
ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

« 「どうぞ」 = "please"ではない。 | トップページ | 「思う」="think"ではない »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/20886112

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の謝り方:

« 「どうぞ」 = "please"ではない。 | トップページ | 「思う」="think"ではない »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ