« "many", "much", "a lot of" | トップページ | "excited" と "exciting"の話 »

2008年5月 5日 (月)

"interested"と "interesting"の話

今日の教えて : "interested"も "interesting"も、動詞の"interest"から派生した形容詞だが、意味の違いがわからない人がいるから説明する。よく聞くように。

基礎になっている "interest"という単語は、名詞では、「興味、好奇心」といった意味で、動詞では、「主語 + interest + 人 + in 物」という他動詞の形で使い、「人に~の興味を持たせる」という意味になる。

  (例) The book interested me in Buddhism. その本は私に仏教の興味を持たせた。

その結果、私は今仏教に興味があるわけで、これを英語にすると、本来目的語の"me"が主語になるので、受動態の形をとるから、
      I am interested in Buddhism.
となる。ここで、"interested"は、動詞の過去分詞形ともいえるが、「興味をもっている」という意味の形容詞として考える方が一般的だ。つまり、"interested"は、「(人が)興味をもっている」の意味だから、この形容詞が修飾できるのは人であり、物ではない点に注意するように。

一方、"interesting"の方は、動詞"interest"を現在分詞形(動詞に"ing"をつけた形)にしたものであるが、これも一般的には、形容詞として考えられ、「(あるものが)興味を持たせる、興味を引く」といった意味になるので、この形容詞が修飾するのは、多くの場合、物であり人ではない。

ちと、難しい説明になってしまったので、以下の例で確認しておこう。

  興味をもった学生  an interested student  (an interesting studentではない。)
              (興味を持たされた学生ということ)
  興味深い話     an interesting story (an interested storyではない。)
              (興味を持たせる話ということ)

Example :

「政治に無関心の人が多いのが気になる。」
  I am concerned that many people are not interested in politics.

「話としては面白いかもしれないが、実用的じゃないね。」
  It may be an interesting story, but it's not practical.

「俺は、面白い話だと思うんだけど、両親が全く関心がないんだよ。」
  I am interested in the story, but my parents aren't.

Bye,
Mike Matsutani
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも


« "many", "much", "a lot of" | トップページ | "excited" と "exciting"の話 »

英文法ー動名詞と分詞」カテゴリの記事

コメント

happy01 interestedとinterestingの使用上の違いが英語の勉強をしていて気になったので、PCでわかりやすい解説がないかな・・と思って検索したらこのブログに辿り着きました。

わかりやすい説明ありがとうござました。
疑問が解消いたしました。

埜田様、お役に立てたのであれば幸いです。これからもご愛読のほどよろしくお願いします。マイク松谷

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« "many", "much", "a lot of" | トップページ | "excited" と "exciting"の話 »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ