« "interested"と "interesting"の話 | トップページ | "little"と"small" »

2008年5月 6日 (火)

"excited" と "exciting"の話

今日の教えて : 昨日は、"interested"と"interesting"の話だったが、今日は、"excited" と "exciting"だ。説明はほとんど同じだから、わかりやすいと思う。

"excited"も "exciting"も、動詞の"excite"から派生した形容詞であるが、以下のように使い方が異なる。

基礎になっている "excite"という単語は、「(人を)興奮させる」という他動詞である。

  (例) The news excited me. (その知らせは私を興奮させた)

その結果、私は今興奮しているわけで、これを英語にすると、本来目的語の"me"が主語になるので、受動態の形をとるから、
      I am excited at the news. (私はその知らせに興奮している)
となる。ここで、"excited"は、動詞の過去分詞形ともいえるが、「興奮した、興奮している」という意味の形容詞として考える方が一般的だ。つまり、"excited"は、「(人が)興奮している」という意味だから、この形容詞が修飾できるのは人であり、物ではない点に注意するように。

一方、"exciting"の方は、動詞"excite"を現在分詞形(動詞に"ing"をつけた形)にしたものであるが、これも一般的には、形容詞として考えられ、「(あるものが)興奮させる」といった意味になるので、この形容詞が修飾するのは、多くの場合、物であり人ではない。

ちと、難しい説明になってしまったので、以下の例で確認しておこう。

  興奮した学生    an excited student  (an exciting studentではない。)
              (興奮させられた学生ということ)
  わくわくする話    an exciting story (an excited storyではない。)
              (わくわくさせる話ということ)

Example :

「明日の初デートのこと考えただけでゾクゾクしちゃう。」
  I am excited at the thought of the first date with him tomorrow..

「彼はまさに波瀾万丈の人生を送っている。」
  He lives an exciting life.

「興奮した群衆が、出口もとめて殺到した。」
  An excited crowd rushed for the door..

Bye,
Mike Matsutani
ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

« "interested"と "interesting"の話 | トップページ | "little"と"small" »

英文法ー動名詞と分詞」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!始めまして!
exciting とexcitedの違いがいまいちよくわからず、このブログに辿り着きました。自分では、わかったつもりでいたのですが、新たな疑問が浮かんできました。本を読んでいたら、
Among the exciting young writers of the Turn of the century,.....という文があったのですが、これはexcitingが修飾しているのは、young writersと人なので、excitedとなるのではないでしょうか?
なぜ、excitingとなっているのですか?
教えて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« "interested"と "interesting"の話 | トップページ | "little"と"small" »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ