« 冠詞の省略 | トップページ | "remember to do"と"remember doing" »

2008年8月18日 (月)

"stop to do"と"stop doing"

今日の教えて : よく文法書に出て来る、"I stopped smoking."と"I stopped to smoke"だが、これの意味の違いを知るには、以下のことを知っている必要がある。

法則1: "stop"は、名詞以外に、自動詞、他動詞としても使える。

法則2: 自動詞として使用する場合、「(継続しているものや、動いているもの)が止まる」という意味だ。

法則3: 他動詞として使用する場合、「(継続しているものや、動いているもの)を止める」という意味だが、その目的語には、動名詞は使えるが、To不定詞は使えない。

法則3により、"I stopped smoking"の文中にある動名詞の"smoking"は、他動詞"stop"の目的語である。よって、「私は、(これまでずっと継続してタバコを吸っていたが)タバコを吸うことを止めた。」つまり、「私は、禁煙した」という意味になる。

また、法則3により、、"I stopped to smoke"の文中のTo不定詞"to smoke"は、目的語ではなく、"stop"は自動詞でなければない。よって、「(歩き続けていた)私は、立ち止まった、(なぜなら)タバコを吸うために。」、つまり、「私は、立ち止まって、タバコを吸った」ということになる。

同様に、To不定詞ではなく、動名詞を目的語とする他動詞には、以下のようなものがある。

今日は、一緒に花火を見れて、本当に楽しかったです。
  I really enjoyed watching the fireworks with you tonight.

あいつ、とうとう最後まで、自分のミスやと認めへんかったんや。
  He never admitted having made a mistake to the end.

子供の情操教育に、犬を飼おうかと思っている。
  I am considering having a dog for emotional education of my kid.

See you,
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

« 冠詞の省略 | トップページ | "remember to do"と"remember doing" »

英文法ー動詞編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/23018184

この記事へのトラックバック一覧です: "stop to do"と"stop doing":

« 冠詞の省略 | トップページ | "remember to do"と"remember doing" »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ