« 不規則な動詞たち | トップページ | 単純未来と意志未来 »

2008年8月 5日 (火)

間違いやすい現在形

今日の教えて : たかが現在形とあなどるなかれ。初級者が間違いやすい落とし穴があるから、説明する。よく聞くようにな。基本的に、英語の現在形は、現在の状態、反復、習慣などを表す。日本語にとらわれて、変な時制を使わないこと。


(1) 日本語は過去形でも英語は現在形 : 

すいません、遅くなりました。タクシーがなかなか来なくて。
  Sorry. I'm late. I couln't catch a taxi.

(注) 遅くなったのが昨日ならば、I was late.だが、今現在の時間に対して遅いとっているので、英語では、これは現在形で扱うのだ。


(2) 日本語は現在進行形でも英語は現在形 :

健康のために、ジョギングをしています
 I go jogging for my health.

(注) 「ジョギングをする」は、"I go jogging"、では、「ジョギングをしています」は?と聞くと、"I am going jogging"と進行形にする人がかなりいる。同様に、「学校に通っています」は、"I am going to school."ではなく、"I go to school"である。つまり今現在これらの行動が進行中なのではなく、現在の習慣としてこれらのことを行っている場合は、英語では現在形を用いる。

(3) 確定している予定などは、現在形でもかまわない。

あす3時、成田に向けて出発します
  I leave for Narita at 3 tomorrow.

(4) 副詞節または条件節では、未来のことも現在形で表す。

ジョニーが来たなら、伝えてよ、二時間待ってたと。(ジョニーへの伝言より)
  When Jonney comes, tell him I was waiting for him for 2 hours.

(注) ジョニーはまだ来ていないから、未来の話なのだが、このように条件節では、"When he will come"ではなく、"When he comes"と現在形になる。 

また、日本語の「来たなら」を過去形と勘違いして、"If he came"と言う人もかなりいる。If節で過去形を使うと、これは仮定法と言って、また別の説明をしなければならないので、いづれ仮定法の説明のときに詳しく取り上げることとする。

See you,
Mike Matutani
ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

« 不規則な動詞たち | トップページ | 単純未来と意志未来 »

英文法ー時制編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/22743622

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いやすい現在形:

« 不規則な動詞たち | トップページ | 単純未来と意志未来 »

ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ