« "still"、"yet"、"already" | トップページ | 現在分詞と過去分詞の違い »

2008年8月11日 (月)

動名詞と現在分詞

今日の教えて : 動名詞と現在分詞の違いを知っているかな。

(法則1) 動詞の原形に"ing"をつけると名詞として使える。これを動名詞という。
(法則2) 動詞の原形に"ing"をつけると形容詞としても使える。これを現在分詞という。

たとえば、"reading"だけでは、これが動名詞なのか現在分詞なのかは不明である。しかし、以下のように文中の使われ方にによって動名詞と現在分詞に分かれる。

(動名詞)    I like reading books. (本を読むことが好きだ) 
(注) "reading books"は名詞の働きをして、"like"の目的語になっている。

(現在分詞)  I like people reading books.(本を読む人が好きだ)
(注) "reading books"は形容詞の働きをして、"people"を修飾している。


(動名詞が必要な理由)
"I like tennis."と言えば、テニスが好きなことはわかるが、テニスをすることが好きなのか、テニスの試合を見ることが好きなのかはっきりしない。そこで、テニスをするのが好きだと言いたいとしよう。「~が好きだ」は、"I like ~"で、「テニスをする」は、"play tennis"だ。これをつなげると、"I like play tennis."となるが、これだと、「私は、好きだ、テニスをする」となり、意味不明になってしまう。

しかし、「テニスをする」を「テニスをすること」という名詞形にすると、「テニスをすることが好きだ」と、意味の通る文章になる。そこで、法則1を使って、I like playing tennes.とすれば、意味の通る文章になる。つまり、動名詞がないと、「~するのが好きだ」という文章が作れないのだ。

(現在分詞が必要な理由)
「本を読む人たち」を英語にしたいとき、「人たち」は、"people"で、「本を読む」は、"read books"だ。ただし、これらをつなげて、"people read books."とすれば、「人たちは本を読む」という意味になってしまう。そこで、法則2を使って、"reading books"とすれば、形容詞となり、「人たち」を修飾することができるというわけだ。

ついでに、過去分詞も説明しておこう。

(法則3) 動詞の原形を過去分詞形にすると、形容詞として使える。

(過去分詞が必要な理由)
「英語で書かれた本」を英語にしたいとき、「本」は、"a book"で、「英語で書かれている」は、"be動詞 + written in English"だ。ただし、これらをつなげて、"a book is written in English."とすれば、「本は英語で書かれている」という意味になってしまう。そこで、法則3を使って、"a book witten in English"とすれば、形容詞となり、「本」を修飾することができる。

See you,
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

« "still"、"yet"、"already" | トップページ | 現在分詞と過去分詞の違い »

英文法ー動名詞と分詞」カテゴリの記事

コメント

中2の子供が動名詞、現在分詞に詰まってました。上手に説明できなかったのですが、これを見せれば理解してくれそうな気がします。有難うございます。

わかめ様、ご愛読ありがとうございます。
お子様の勉強の役に立てれば幸いです。中2で、動名詞や現在分詞を理解できれば大したものです。仮に今は分からなくても、そのうち理解できるということがありますので、あきらめずに勉強を続けてください。
マイク松谷

動名詞や現在分詞をなぜ使わなければいけないのかが分からず、モヤモヤしていました。
そんな中、こちらのブログを見てすごくスッキリしました!
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/22877719

この記事へのトラックバック一覧です: 動名詞と現在分詞:

« "still"、"yet"、"already" | トップページ | 現在分詞と過去分詞の違い »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ