« 英語上達法ーディクテーション2 | トップページ | サラ川-10 「通夜」は、"wake" »

2008年9月20日 (土)

英語上達法ー話す、書く

今日の教えて : 今日は、スピーキング、とライティングのやり方です。

(3) Speaking 力

日本人英語学習者には、会話の相手がいないというのが宿命です。ならば、自分自身が会話の相手になればいいのです。自分で質問し、自分で答えれば相手はいらないでしょう。次のような自問自答集を作ってみてはどうでしょうか。

“Who is the most beautiful woman in the world?”
“Of course, I am.. I am a woman who has the most beautiful heart in the world.”

“What is your favorite TV program?”
“Shoten. I like Utamaru the best.”

どうです、これなら相手も要らず、いつでもどこでも英語のバーチャル生活を楽しめます。

(4) Writing 力

英語学習者には、自分で書いた英語が正しいかどうか、添削してくれる相手がいません。これをカバーするいい方法が以下の復元法です。

* 復元法

(1) 自分が日本語に訳せそうな簡単な英語の文章を選んで下さい。
(2) その英文を自分で日本語にしてみます。
(3) 英文は見ないで、自分で書いた日本語を見て自分で英語に訳します。
(4) 自分で訳した英文を元の英文と見比べてどこが間違っているか確認します。

この練習方法なら、添削の先生もいらず、自分の英語のどこがいけないかがよく分かります。

* クリスマスカード ・ グリーティングカード

私は、以前の職場の上司に28年間英語でクリスマスカードを書き続けています。友人にメッセージを出す時もできるだけ英語を使うようにしています。これは、ある意味、自分の自己満足にすぎないかもしれません。もらった人にしてみれば、迷惑かも知れません。しかし、あらゆる機会に英語を使うよう心がけてみてはどうでしょうか。

これまで述べてきたことを、時間をかけて継続していけば、英語を読み、聴き、話し、書くの4つの能力を高めることができると思います。

マイク松谷

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

« 英語上達法ーディクテーション2 | トップページ | サラ川-10 「通夜」は、"wake" »

英語上達法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/23723901

この記事へのトラックバック一覧です: 英語上達法ー話す、書く:

« 英語上達法ーディクテーション2 | トップページ | サラ川-10 「通夜」は、"wake" »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ