« 「よく知っている」、"be familiar with" | トップページ | 不定冠詞 "a"の使い方 »

2008年11月16日 (日)

定冠詞"THE"の使い方

今日の教えて : 名詞にやたらとTHEをつける人がいます。定冠詞THEは、聞き手がどんなものか特定できるものにしか使えません。以下の文章はどう違うんでしょう?

(1) I like to listen to the music.
(2) I like to listen to music.

「(特に音楽を特定せずに)音楽を聴くのが好きだ。」という場合は、(2)のように定冠詞のTHEをつけません。(1)のようにTEHをつけた場合、「その音楽を聴くのが好きだ」という意味になり、好きな音楽を特定していることになります。

もし、いきなり、「その音楽」と言われたら、言われた人は、一体どんな音楽が好きなんだと不思議に思ってしまいます。たとえば、"I like to liten to the music you played yesterday."(昨日君が演奏してくれた音楽が好きだ)、これなら、好きな音楽が特定されていますから、定冠詞のTHEを使うことができますし、いきなり言われても、納得できます。

There is the sun.のように、sun (太陽)には必ず定冠詞のTHEがつきます。なぜなら、太陽は、この世に一つしか存在しないので、必ず特定できるからです。

一方、犬はこの地球上に何十万匹もいます。ですから、いきなり、"There is the dog."(その犬がいる)などと言われると、一体どんな犬がいるのかと聞きたくなってしまいます。「そこに犬がいる」と言いたければ、"There is a dog."または、複数の犬がいるならば、"There are dogs."と複数形にしなければなりません。

ただし、そう言ったあとで、その犬のことをさらに言及する時は、どんな犬か特定されていますから、今度は必ずTHEをつけねばなりません。例 : "There is A dog. THE dog is small." つまり、単数のかぞえられる名詞の場合、最初は"a"をつけ、それ以降は"the"をつけるということになります。

日本語には冠詞はありませんが、面白いことに、日本語では助詞の"が"と、"は"を使い分けています。、たとえば、「おじいさんとおばあさん"が"いました。おじいさん"は"山へ....」のように、最初は"が"を使い、2度目は、"は"に置き換わっています。

See you tomorrow
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

« 「よく知っている」、"be familiar with" | トップページ | 不定冠詞 "a"の使い方 »

英文法ー冠詞編」カテゴリの記事

コメント

冠詞のa(an) は、聴き手が初めて聞く事、話し手が初めて言うこと、the は話し手が既に言って聴き手がわかっている事につきます。
日本の中学英語では「限定」や「その」と説明すようですが、それではちょっと初心者には分かりづらいかもしれません。
ちなみに初めて出る事でも、聴き手があたりまえに分る事は当然
theがつきます。

たとえば、
The engine of a bus

この場合バスはどのバスかわかりませんからAですがエンジンは
通常車には一つしかついてませんから「どのエンジンか」と問う
必要ないのでTheになります。
そうすると、なぜ太陽や月など今のところ一つしかないとされるもの
にはTheがつくか説明がつくでしょう。ということになりますね。

ですぎたコメントで申し訳ありません。


Mia様、ご丁寧なコメントをありがとうございます。
今後ともご愛読のほどよろしくお願いいたします。
マイク松谷

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/25205902

この記事へのトラックバック一覧です: 定冠詞"THE"の使い方:

« 「よく知っている」、"be familiar with" | トップページ | 不定冠詞 "a"の使い方 »

ブログランキング

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ