« 数えられる名詞の使い方ーその2 | トップページ | 未来形 その1 »

2009年2月28日 (土)

数えられる名詞の使い方ーその3

今日の教えて : 数えられる名詞の使い方その3です。初めての人は、先に前のブログを読んでおいてください。

昨日は、"I like a dog." などと言う人がいたとすれば、その人はかなりの変人だといいました。それでは、不定冠詞 "a" ではなく、定冠詞 "the" なら、どうでしょう?

I like the dog.

これなら、英文法上も、意味的にも、問題ありません。ただし、この犬のことを話し手も聞き手もどの犬のことか分かっているということが条件になります。

もし、いきなり相手に、"I like the dog (私は、その犬が好きだ)."などというと、相手の人は一体どの犬のことを言っているのだろうと不思議に思ってしまいます。以下のような会話なら問題なしです。

"My mother bought me a dog.."
"Great!"
"No, that's the problem."
"What's the mater?"
"I like the dog, but he doesn't like me."

以下の2つの文章はどちらが正しいでしょう?

\10 coins are more valuable than \10,000 bills

The \10 coins are more valuable than the \10,000 bills.

英文法上は、どちらも正しい文章だが、上の文章は意味的におかしい。なぜなら、数えられる名詞が複数形で使われているので、「一般的に言って、10円玉の方が10,000円札より価値がある。」と言う意味になってしまうからです。

一方、下の文章では、定冠詞 "the" がついているので、10円玉も10,000円札も、特定のものを指していることになります。たとえば、目の前にある数個の10円玉が珍しい記念硬貨で古銭的価値が50万円だとしたら、目の前の新品の1万円札数枚より価値があることになります。

目からウロコだと思われた方は、以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you,
Mike Matsutani

« 数えられる名詞の使い方ーその2 | トップページ | 未来形 その1 »

英文法ー名詞編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/28378145

この記事へのトラックバック一覧です: 数えられる名詞の使い方ーその3:

« 数えられる名詞の使い方ーその2 | トップページ | 未来形 その1 »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ