« かつてはよく~したものだ = used to | トップページ | 助動詞の使い方 その2 »

2009年3月13日 (金)

助動詞の使い方 その1

今日の教えて : 今日から、数回に分けて、助動詞の使い方を練習する。まずは、人にものを頼む時の言い方について。

助動詞の can, could, will would を疑問文の形にして、人に物事を依頼することができるのは、よく知られているが、それぞれ丁寧さにおいてかなりの差があるので、注意したい。

丁寧さからいえば、"Could you ...?" と "Would you ..... ?" がいいだろう。

(1) Could you show me another one?
   別のものを見せてくれませんか?

(2) Would you tell me the truth?
   本当のことをおっしゃっていただけないでしょうか?

(1)の "Could" を "Can" に代えると、丁寧さが欠ける。

(3) Can you show me another one?
   別のもの、見せてくれない?

(4) Can you tell me how to get to Sesame Street?
   セサミ・ストリートへはどう行けばいいの?

(3)と(4)は "can" を現在形で使っているので、単純に「できるか」、「できないか」を尋ねている。一方(1)は、"can" の過去形を使っているから、この文章は仮定法である。つまり、「もし、お願いするようなことがあったならば、~してもらえるでしょうか」というへりくだった表現になっているのだ。

また、(2)の "would" を "will" にすると、場合によっては、依頼というよりむしろ命令に近くなるので要注意。

(5) Will you tell me the truth?
   本当のことを言ってくれないか?

目からウロコだと思われた方も、そうでない方も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you,
マイク 松谷

« かつてはよく~したものだ = used to | トップページ | 助動詞の使い方 その2 »

英文法ー助動詞編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/28498515

この記事へのトラックバック一覧です: 助動詞の使い方 その1:

« かつてはよく~したものだ = used to | トップページ | 助動詞の使い方 その2 »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ