« 数えられる名詞の使い方ーその3 | トップページ | 未来形 その2 »

2009年3月 1日 (日)

未来形 その1

今日の教えて : 今日から数回にわたり、未来形の話をするぞ。

「明日は、家にいる」を英語にすると、以下の3つが考えられる。未来となると何でも "will" を使う初心者がいるのは、日本の英語教育が悪いのか。

(1) 助動詞を使うと、

I will stay home tomorrow.

(2) be going to do を使うと、

I am going to stay home tomorrow.

(3) 現在進行形を使うと、

I am staying home tomorrow.

では、それぞれの、使い方を説明しよう。
いずれも、「映画でも見に行こうよ」と誘われた際の返答だとすると、

(1)は、明日の予定は決まっていなかったが、行きたくなかったので、「明日は、家にいるよ」と断ったと思われる。その場で、判断して決めた予定については、このように "will" を使うべき。

(2)は、一緒に行きたいのだが、明日はたまった仕事をこなすために家にいる決心をしていたので、残念だが断ったと思われる。もうすでにやることが決まっているような予定には、"will"は使わず、このように "be going to do" を使う。

(3)は、(2)に近いが、予定表を見ながら、「あー残念、明日は家にいる予定になってんだ」と断っている感じ。すでに決まっている個人的なスケジュールなどは、現在進行形でよい。

また、現在形で未来を表す場合もあるぞ。

The game between the Giants and the Tigers starts at six.
巨人阪神戦は、6時から始まるぞ

Nozomi 103 super express leaves Tokyo at seven.
のぞみ103号は7時東京発だ。 

このように公共性のある予定などは、現在形で表わせる。

目からウロコだと思われた方も、そうでない方も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you,
マイク 松谷

« 数えられる名詞の使い方ーその3 | トップページ | 未来形 その2 »

英文法ー時制編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/28402014

この記事へのトラックバック一覧です: 未来形 その1:

« 数えられる名詞の使い方ーその3 | トップページ | 未来形 その2 »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ