« 綾小路きみまろ、英語ライブ 5 | トップページ | 恋人 ≠ LOVER »

2009年3月24日 (火)

"manshion"は、大邸宅

今日の添削 : 我々、日本人英語学習者は、英作文というと、どうしても、日本語の単語を、英語に置き換えようとする傾向が強い。

そのため、出来上がった英文は、日本人には理解しやすいのだが、ネイティブ・スピーカーにとっては、違和感のある文章になってしまうことが非常に多い。

以下の例で検証してみよう。

(1) 新しいマンションの住み心地はどうよ。

   How do you like your new manshion?
   How do you like your new condo?

(2) 私、丸の内の銀行で、OLやってます。

   I am an OL at a bank in Marunouchi..
   I work for a bank in Marunouchi

(3) チョンガーは、俺一人、恥ずかしかったよ。

   I was the only single man. I was ashamed.
   I was the only single man. I was embarrassed.

(4) 渋谷で遊ぼうよ。

   Shall we play in Shibuya?
   Shall we go out to Shibuya?

(5) 最近、腰が痛くてのう。

   I have a pain in my waist these days.
   I have a pain in my back these days.


(1) "manshion"は、「大邸宅、豪邸」。日本語のマンションは、"condo" または apartment。

(2) "OL"は、立派な日本語である。

(3) "ashamed"は、道徳的に恥ずかしい、罪の意識がある場合に使う。一方、"embarrassed"は、俗にいう、「カッコ悪い」って感じ。

(4) 子供が遊ぶなら、"play"だ。

(5) "waiste"は、腰のくびれを指す。

目からウロコだと思われた方も、そうでない方も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you,
マイク 松谷

« 綾小路きみまろ、英語ライブ 5 | トップページ | 恋人 ≠ LOVER »

赤ペン先生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/28743116

この記事へのトラックバック一覧です: "manshion"は、大邸宅:

« 綾小路きみまろ、英語ライブ 5 | トップページ | 恋人 ≠ LOVER »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ