« イチロー満塁弾で日米3085安打達成 日本記録タイ | トップページ | 二つの「以外に」 »

2009年4月18日 (土)

営業部のスタッフとは

今日の添削 : 今日も、日本人がよく間違う例を紹介しよう。

以下の英文は、どこか変だ。わかるかな?


(1) 彼は、営業部のスタッフです。

   He is a staff of the sales department.

(2) 彼女は、世界で一番美しい。

   She is the most beautiful in the world.

(3) 三振? なんてこった!

   Struck out? Oh, no!

(4) 女房とペアルックなんてやだよ。

   I hate a pair look with my wife.

(5) バイキング・レストランに行こう。

   Let's go to the viking restaurant.

正解を見る前に下のバナーをクリックしてみよう!
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ 一回クリックする度に10秒間若返るはず
にほんブログ村


(1) "staff"は、複数の人の集まりをさす集合名詞だ。日本語のように、一人でスタッフということはできない。
   
   誤:  He is a staff of the sales department
   正: .He is a member of staff in the sales department

(2) 日本語は全然違和感はないが、英語では、普通 "the" をつけた以上、"beautiful"の後の名詞を省略できない。また、省略すると、beautiful girl なのか beautiful actress なのか beatiful singer なのか分からない。ただし、省略しても相手に間違いなく伝わるならば話は別だ。

   誤: She is the most beautiful in the world.
   正: beautiful の後に、何か名詞を入れる。例: beautiful princess

(3) オーノーといえば、ケネディーが暗殺された時のジャクリーン夫人の叫びを思い出す。一般に、女性っぽく聞こえるようだ。洋画などでよく聞かれる、"Oh, man."の方が、男っぽく、「なんてこった」に近いが、フォーマルな場では控えた方がよさそうだ。

   誤: Oh, no !
   正: Oh, man !

(4) "pair look"は、完全な日本語です。

   誤: I hate a pair look with my wife
   正: I hate wearing the same cloths as my wife's

(5) 英語では、バイキングとは言わない。 "buffet"だ。

   誤: Let's go to the viking resturant.
   正: Let's go to the buffet restaurant.

目からウロコだと思われた方も、そうでない方も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you,
マイク 松谷

« イチロー満塁弾で日米3085安打達成 日本記録タイ | トップページ | 二つの「以外に」 »

赤ペン先生」カテゴリの記事

コメント

Hi, interesting post. I have been thinking about this topic,so thanks for sharing. I will definitely be coming back to your posts.

Thank you for your comment. I am happy you like mine. Mike Matsutani

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/28993683

この記事へのトラックバック一覧です: 営業部のスタッフとは:

« イチロー満塁弾で日米3085安打達成 日本記録タイ | トップページ | 二つの「以外に」 »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ