« 「退屈する」という動詞はない。 | トップページ | フェミニスト ≠ feminist »

2009年4月 2日 (木)

旅行する ≠ Trip

今日の添削 : 今日も、日本人がよく間違う例を紹介しよう。

以下の英文は、どこか変だ。わかるかな?


(1) 忙しくて、旅行するひまもない。

   I'm too busy to trip.

(2) 父は亡くなりました。

   My father was dead.

(3) 外人みたい。

   You look like a foreigner.

(4) 宮沢りえはハーフだ。

   Rie Miyazawa is half.

(5) 水をコップに一杯だけ下さい。

   Give me a cup of water.

正解を見る前に下のバナーをクリックしてみよう!
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ 一回クリックする度に10秒間若返るはず
にほんブログ村


(1) "trip" を動詞で使うと、「つまづく」という意味になり、「旅行する」という意味にはならない。 "travel"は、「旅行する」。
   
   誤: I'm too busy to trip..
   正: .I'm too busy to travel.


(2) "dead"は、「死んでしまっている」という意味だ。(2)の日本文は、「父は亡くなり今はいません」ということを言いたいわけだから、現在形にすべき。

   誤: My father was dead.
   正: My father is dead

(3) "foreigner"は、軽蔑的な意味にとられることがあるので、つかわない方がいいと言われている。

   誤: You look like a foreigner.
   正: You don't look like a Japanese.

(4) 「ハーフ」は、全くの日本語だ。きれいな言葉だが、混血を意味することに違いはない。差別語とみられるので、注意したい。

   誤: Rie Miyazawa is half.
   正: Rie MIyazawa's father is Dutch.
 
(5) "cup"は、コーヒーカップなどのこと。ガラスのコップは、"glass"である。

   誤: Give me a cup of water.
   正; Give me a glass of water.

目からウロコだと思われた方も、そうでない方も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you,
マイク 松谷

« 「退屈する」という動詞はない。 | トップページ | フェミニスト ≠ feminist »

赤ペン先生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/28835328

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行する ≠ Trip:

« 「退屈する」という動詞はない。 | トップページ | フェミニスト ≠ feminist »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ