« 世界一簡単な関係代名詞の説明 その2 | トップページ | 世界一簡単な関係代名詞の説明 その4 »

2009年12月12日 (土)

世界一簡単な関係代名詞の説明 その3

[英語] ブログ村キーワード

今日の英文法 : 今日は関係代名詞の変形である関係副詞だ。少し難しくなるかも知れんが、あきらめずに頑張ることが大事じゃ。

「これが市橋が住んでいたアパートだ。」を、まずはこれまでと同じように関係代名詞を使って訳してみよう。

「これがアパートだ。」は、

This is the apartment.

「市橋が住んでいた」は、

Ichihasi lived in

このままでは、apartment を修飾できないので関係代名詞 whichでつなぐと、

This is the aprtment which Ichihashi lived in.

となる。これで完成だが、語尾の in を which の前に持っていくこともできる。

This is the apartment in which Ichihasi lived.

さらに、この in which を where に変えることもできる。そうすると

This is the apartment where Ichihashi lived.

という文章ができる。この where が関係副詞と呼ばれるものだ。

要するに、修飾される名詞、この場合 apartment が修飾する語句の場所を示しているので、whereが使われているだけのことだ。

もし、修飾される名詞が、修飾する語句の時間を示しているならば、どうするか?賢明な読者ならすぐにわかるように、when を使えばよい。たとえば、

「朝鮮戦争は私が生まれた1950年(昭和25年)に勃発した。」は、

「朝鮮戦争は1950年に勃発した」
The Korean war broke out in 1950 (Showa 25)

私が生まれた
I was born

の2文からなるが、つなぎに when を使う。

The Korean War broke out in 1950 (showa 25) when I was born.

さらに、修飾される名詞が、理由を示す場合は、以下のように why となる。

「彼女と別れた理由を教えてください。」

Tell me the reason why you broke up with her.

(注) the reason は省略可能。


英文法の好きな人も、そうでない人も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you,
マイク 松谷

« 世界一簡単な関係代名詞の説明 その2 | トップページ | 世界一簡単な関係代名詞の説明 その4 »

英文法ー関係詞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/32509042

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一簡単な関係代名詞の説明 その3:

« 世界一簡単な関係代名詞の説明 その2 | トップページ | 世界一簡単な関係代名詞の説明 その4 »

ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ