« ボクサーとトレーナの会話 | トップページ | カカア天下 »

2010年2月20日 (土)

現在完了形と過去完了形

[英語] ブログ村キーワード


今日の英文法 : 現在完了形と一緒に過去を示す副詞、副詞句、副詞節は使えないが、過去完了形では問題ない。これが今日のテーマだ。

まず、現在完了形について復習をしておこう。

(1) 現在完了形 : 過去から現在までのことを現在の視点で見ている。下の図でいうと、Aは過去のある時点で、Bは今現在を示している。現在完了形とは、AからBまでの過去のことについて今の現状を言及する語法である。(下図の2重破線で示した部分)
現在の状況を述べている以上、過去を表すような副詞と一緒には使えないのだ。

----> A =======> B

(例 1) 私は30年北千住に住んでいる。
      (30年前から今までずっと住んでいる)

    正 : I have lived in Kitasenju for 30 years.
    誤 : I have lived in Kitasenju 30 years ago
        (30 years agoは過去を示す副詞)

(例 2) 死後1週間は経過している。
      (1週間前から今までずっと死んでいる)
 
    正 : He has been dead for a week.
    誤 : He has been dead last week.
        (last weekは過去を示す副詞)

(例 3) 結婚してから浮気はしていない。
      (結婚した時から今までずっと)

    正 : I have never cheated since I got married.
    誤 : I have never cheated when I got married.
      (whenは過去のある一点を示す副詞節、一方sinceは過去のある一点から今までの長いスパンを示すので現在完了形と一緒に使うことができる)


では、次に過去完了について。

(2) 下図のように、過去完了は現在完了の時制を一つ古くしたものだ。

--> A' =====> B' ---- C

Cは現在で、B’は過去、A’はそれよりさらに過去(大過去と呼んでいる)を示す。つまり、大過去から過去のことについて過去の時点で言及するものである。従って、過去を表す副詞を使うことに問題はない。

(例 4)  発見された時すでに死後1週間は経っていた。
      (死亡した時から発見された時まで1週間が経過)

    正 : She had been dead for a week when her body was found
    誤 : She was dead for a week when her body was found.


参考になった人も、そうでない人も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you,
マイク 松谷

« ボクサーとトレーナの会話 | トップページ | カカア天下 »

英文法ー時制編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/33374459

この記事へのトラックバック一覧です: 現在完了形と過去完了形:

« ボクサーとトレーナの会話 | トップページ | カカア天下 »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ