« #98 「平凡さの中に非凡さを見つけよう」 その4 | トップページ | こんなに使える "have" その1 »

2010年3月16日 (火)

have + 目的語 + 過去分詞

[英語] ブログ村キーワード


今日の英文法 : "have"の使い方の一つに、「have + 目的語 + 過去分詞」というのがある。学校では第5文型の例として良く出てくる。

この構文は、「人を雇って、お金を払って何かをしてもらう」時に使える。例えば、日本語で、「昨日車を修理した」といった場合、この人が車の修理工である場合を除き、お金を払って車の修理屋に修理をしてもらったということである。

従って、"I repaired my car."というと、自分自身で車を修理したことになる。修理してもらったと言いたければ、この「have + 目的語 + 過去分詞」を使えばよい。

それでは、以下を英訳せよ。


(1) パソコン修理したら、10万もかかったよ。

(2) 明日、エアコン取付けるんだ。

(3) いつ、歯を抜いたんですか?

(4) 車の盗難にあったんだって?

(5) プライドに傷をつけられたようなもんだ。


英訳
(1) I had my PC repaired. It cost \100,000!

(2) I'm gonna have an air-conditioner installed tomorrow.

(3) When did you have your tooth pulled off?

(4) Did you have your car stolen?

(5) I should say I had my pride hurt.


(解説)
上記の例文、(1)~(3)は、主語の人物が誰かに依頼して何かをしてもらうという形だが、(4)と(5)は依頼したわけではなく、むしろ、主語の人物は、自分が欲していないことをされたという被害者の立場にある。


参考になった人も、そうでない人も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you,
マイク 松谷

« #98 「平凡さの中に非凡さを見つけよう」 その4 | トップページ | こんなに使える "have" その1 »

英文法ー動詞編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/33667380

この記事へのトラックバック一覧です: have + 目的語 + 過去分詞:

« #98 「平凡さの中に非凡さを見つけよう」 その4 | トップページ | こんなに使える "have" その1 »

ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ