« 猫に毛糸 | トップページ | ビーチ犬 »

2010年6月16日 (水)

相互動詞とは?

[英語] ブログ村キーワード


今日の英文法 : 今日は、相互動詞を取り上げる。あまり聞きなれない文法用語かもしれないので、例をあげて説明しよう。

例えば、議論するという意味の "argue"だが、議論するには最低二人の人間が必要で、大抵の場合、二人がお互いに議論し合うことを意味する。こういう動詞を、相互動詞と呼んでいる。

(1) トムとジェリーは議論し合った。
    Tom and Jerry argued.

上記(1)では、トムとジェリーがともに主語になっている、つまり二人とも行為者であるから、「お互いに議論し合う」という意味になる。では、下の(2)ではどうだろう。

(2) トムはジェリーと議論した。
    Tom agrued with Jerry.

上記(2)の場合、主語がトムなので、トムが行為者ということになり、ジェリーはその対象ということになる。つまり、トムが率先してジェリーを相手に議論をしたというニュアンスになる。


(3) トムとジェリーはお互いに張り合った。
    Tom and Jerry competed.

(4) トムはジェリーと張り合った。
    Tom competed against Jerry.

上記(3)はお互いに張り合っている様子だが、(4)では、トムがジェリーに対して敵対心を持っているように感じられる。

(1)と(3)の英文は、「お互いに」という意味なのだが、どうしても「お互いに」ということを付けたしたければ、"each other"をつければよい。ただし、前置詞に要注意。

(5) Tom and Jerry argued with each other.
(6) Tom and Jerry competed against each otehr.

他動詞ならば、前置詞は不要だ。

(7) Tom and Jerry fought each other.
    トムとジェリーはお互いに争った。

参考になった人も、そうでない人も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

« 猫に毛糸 | トップページ | ビーチ犬 »

英文法ー動詞編」カテゴリの記事

コメント

 勉強になりました

nana様、ご愛読有難うございます。お役に立てれば幸いです。今後ともご愛読とワン・クリックのほどお願いします。マイク松谷

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/35236189

この記事へのトラックバック一覧です: 相互動詞とは?:

« 猫に毛糸 | トップページ | ビーチ犬 »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ