« 時間を強調する for と afterの使い方 | トップページ | 激怒、警察官の横暴さ その2 »

2010年7月 3日 (土)

激怒、警察官の横暴さ その1

今日の怒り : 今日実際に経験した、腹立たしい出来事について聞いてください。

私は、毎日バイク通勤をしており、今日もいつも通り、バイクで帰宅中、信号待ちをしていたら、後から若い警官が近寄ってきて、バイクを路肩に止めるように命令した。何の用件だか分らなかったが、その警官は、

「私はすぐそこの角に立ってあなたのバイクを見ていたが、メーターが動いていないのに気がついた。バイクに乗る前に整備点検をしましたか?」と言うのだ。

私が、「そんなはずはない。さっきまで問題はなかった。」と言うと、

「じゃ、試してみます。私が前輪を持ち上げるから、タイヤを足で回してください。」と言うので、私は言われるままにタイヤを足でけって何回か回したところ、警官は

「やっぱりメータが動きませんね。今度は私がタイヤを回すので、動かないことをあなた自身の目で確認して下さい。」と言った。

私は、メーターが動かないというのは、距離計の数字が動かないというように理解したので、距離計の末尾の数字ばかりを見ていた。

この時は動転していたので気がつかなかったが、あとでよく考えてみると、末尾の桁は100メートル走って繰り上がるのだから、少々タイヤを回しても数字が回るわけがない。ただ、警官からは「メーター、メーター」と言われていたので、その時は、本当に距離計の末尾の数字を見ていただけで、針が動いていたのかどうかは確認していなかった。

このことも後から警官には説明したが、聞く耳持たずって感じだった。すべては、自分が正しくて、相手の意見を聞こうという態度は全くみられない。これは非常に恐ろしいことだ。

話をもとにもどそう。警官が、「回っていますか?」と言うので、「いや回ってはいない」と答えると、「ご自分の目で確認されたように、メーターが動いていないということは、整備不良のため整備点検違反です。」と言って、反則金6千円の切符を切りだした。

私が、「そんなはずはない。さっきまではちゃんと問題なく動いていた」と説明しても、「今確認したように、今現在間違いなく動いていません。」と言って断固受け付けない。

この続きは明日のブログをご覧ください。


同様の経験をされた方も、そうでない方も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

[英語] ブログ村キーワード

« 時間を強調する for と afterの使い方 | トップページ | 激怒、警察官の横暴さ その2 »

怒り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/35614530

この記事へのトラックバック一覧です: 激怒、警察官の横暴さ その1:

« 時間を強調する for と afterの使い方 | トップページ | 激怒、警察官の横暴さ その2 »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ