« 驚異のX線全身透視スキャナー | トップページ | anywhere/everywhere/nowhere/somewhereの使い方 »

2010年7月 7日 (水)

激怒、警察官の横暴さ 最終回

今日の怒り : 昨日の続きです。昨日読んでない人は、先に昨日のブログを読んでおいてください。私の警察官に対する怒りは収まりそうもありません。


しかし、その警官の筆がなかなか進まない。手帳を少し大きくしたくらいの用紙2枚ほどを書き上げるのに1時間30分ほどかかった。

そもそも、ことの発端はその警官のメーター確認の方法が不十分だったため、整備不良のレッテルを貼られただけであり、私は違反はしていないと信じていたので、調書を取られること自体が納得行かないのだ。

最初に、その警官に声をかけられたのは、5時40分くらいで、調書を書き上げた時はすでに8時半を回っていた。3時間も、メーターが動く動かないという些細なことで足止めを食ってしまった。その3時間分の給料は我々の血税で賄われているのだと思うと、本当にばかばかしい。もっと市民のためになる仕事をやってほしいものだ。

そもそも、交番の前に立っていて、車道を走るバイクの小さなスピードメーターの針が動いていたかどうかを本当に確認できたとしたら、イチロー並の動体視力ではないか?今となれば、最初からこの警官の錯覚か思い込みだったような気がする。または、自分の成績を上げるために強引に決め付けようと躍起になっていたのではないだろうか?

このバイクを新車で購入してから5年近く、ほぼ毎日乗り続けているが、今まで一度もメーターが動かないことなどなかったし、あの事件の後も全くメーターに異常はない。バイクに乗っている人は皆同じだと思うが、乗っている間に何回もスピードメーターを見ているはずで、針が動かないようならば自分ですぐに気がつくはずだ。

警官は、動いたり動かなかったりすること自体が整備不良だと言い張るのだが、あの一瞬だけメーターが動かなかったとはとても信じがたい。単にタイヤを回す速度と回数が少なかったために針が動かなかっただけではないのか?そのように質問しても、警官は、切符を切り私が署名してしまった事実があるので、あくまで、「私は間違っていない」と一歩も引かない。

警官による交通取締りとは、違反者を取り締まり、違反を未然に防ぐという目的で実施されていると思うのだが、これでは逆に違反者を無理やり作り出しているようなものだ。

この警官も私も対等の人間のはずだが、いったん制服を着ると、国家権力を後ろ盾にして、言うことを聞かないと罰せられるぞと脅しにかかるのだ。私のような小市民は国家権力の前では子羊のようなものだ。だからこそ、警察の捜査は念には念をいれ慎重に行われなければならない。

今回私の身に起こったことは、些細なことだが、もしこれが、ひき逃げだとか殺人事件で、警察の捜査ミスや一方的な決めつけで犯人にされたらと思うとぞっとする。足利事件の菅谷さんの冤罪を二度と繰り返さないために。

最後に、私の罰金6千円の納付期限は7月9日だが、処罰されるような違反はしていないと確信しているので、罰金は支払わないつもりだ。納期期限までに支払いを済ませていなければ、出頭命令書が送られてくるらしい。その時にはまた、ブログで皆さんにお伝えします。


同様の経験をされた方も、そうでない方も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

[英語] ブログ村キーワード

« 驚異のX線全身透視スキャナー | トップページ | anywhere/everywhere/nowhere/somewhereの使い方 »

怒り」カテゴリの記事

コメント

残念ながらこのケースの場合
サインした時点でほぼ負け確定でしょうね
裁判まで行って不起訴までがせいいっぱいでしょう
闘われるつもりでしたら
通知を待たずに出頭した方がいいですよ
(↑というか払わなければ出頭通知が来ると言う説明が間違い)
支払わずに向こうのアクションを待っていると
単に不払いの悪質な違反者と認識されてしまい
心証が悪くなるので今後の展開に不利です
切符をよく見ると欄外に出頭すべき場所その他は書いてあるはずです

【罰金】ではなく【反則金】です
反則金払えばそこで終わりにしてやる(点数も減りますが)
文句があるなら正式手続きに進むから出頭せいというシステム

つまり示談みたいなモノですね
カネ払えばチャラにしてやる
文句あるなら出るとこ出ようじゃねえか
ということです

通りすがり様、ご愛読とアドバイスありがとうございます。良くわかりました。そうしてみます。マイク松谷

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/35616633

この記事へのトラックバック一覧です: 激怒、警察官の横暴さ 最終回:

« 驚異のX線全身透視スキャナー | トップページ | anywhere/everywhere/nowhere/somewhereの使い方 »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ