« セクシー広告でバージン・アトランティックの客室乗務員が第一位 | トップページ | 無断外泊の夫に対する妻の行動 パート1 »

2011年2月22日 (火)

安藤美姫が優勝、浅田真央は2位に

今日の英語で三面記事 :"JAPAN TODAY"より。
4大陸選手権で安藤美媛が200点を超える高得点で優勝した。浅田真央は2位に終わった。

情報源 :http://www.japantoday.com/category/sports/view/ando-wins-ladies-title-at-four-continents

(( Translation into Japanese by Mike Matsutani ))

TAIPEI — National champion Miki Ando held onto her overnight lead to win her first Four Continents title with a personal best score on Sunday.
台北―日曜、国内チャンピオン安藤美姫が前日のリードを守り、自己ベストのスコアをたたき出し、4大陸選手権を初めて制した。

Ando followed up a near flawless short program with a free skate that earned the top score of 134.76 points, finishing over five points ahead of Japanese rival and reigning world champion Mao Asada with 201.34.
ほぼ完璧なショートプログラムに続き、フリーの演技では、トップの134.76をマークして、彼女のライバルで世界チャンピオンの浅田真央に5ポイントの差をつけ、201.34の高得点で優勝した。

Ando nailed a double axel-triple in a spellbinding performance en route to becoming only the fourth woman to top the 200 points mark, providing a major boost ahead of next month’s world championships in Tokyo.
安藤はダブル・アクセルからトリプルを決め、観客を魅了した。女子では4人目となる200点越えを記録し、来月東京で開催される世界選手権大会に弾みをつけた。

‘‘I have been able to skate well despite not being 100 percent physically and I think that shows I have grown,’’ said Ando.
「体調が満足な状態でなくても上手く滑ることができて、自分でも成長したなと思います」と安藤。

‘‘I was able to control myself emotionally today. I can head into the world championships with a medal on my mind.’‘
「今日は、自分の感情をうまくコントロールできました。メダルを意識して世界選手権に臨めます」

Defending champion Asada, who also placed second behind Ando at the nationals in December, completed a triple axel and had 196.30 points. She was followed in third place by American Mirai Nagasu, who had 189.46.
12月の国内大会で安藤に続き2位だったディフェンディング・チャンピオンの浅田は、トリプル・アクセルを決め196.30の高得点だったが、またも安藤に次ぐ2位に終わった。3位はアメリカの長洲未来で189.46だった。

‘‘It was a good triple axel and has set me up well for the world championships. I can give myself 100 points,’’ said Asada, who struggled badly during the Grand Prix season before her runner-up finish at the national championships secured a berth at the worlds.
「トリプル・アクセルが決まり世界選手権にむけて良い結果が出せました。今日は100%の出来です。」と語る浅田だが、国内選手権で2位になり世界の切符を手に入れるまでは、グランプリシーズン中は不調にあえいでいた。

‘‘I want to remind myself of this feeling going into the world championships. If I stay focused I will be okay.’‘
世界選手権大会に出場するにあたり、今の気持ちを持ち続け、演技に集中できれば、良い結果にあるでしょう」と締めくくった。

ブログを見られた方へ
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

[英語] ブログ村キーワード

« セクシー広告でバージン・アトランティックの客室乗務員が第一位 | トップページ | 無断外泊の夫に対する妻の行動 パート1 »

英語三面記事」カテゴリの記事

コメント

安藤さんの記事ありがとうございます。以前の記事も分かりやすくてすごくよかったです。2011年の4大陸のインタビューは探したけどなかったんですが見逃しているのかな?楽しみだったんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/38962379

この記事へのトラックバック一覧です: 安藤美姫が優勝、浅田真央は2位に:

« セクシー広告でバージン・アトランティックの客室乗務員が第一位 | トップページ | 無断外泊の夫に対する妻の行動 パート1 »

ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ