« 老いについて考える | トップページ | 脅威の1,000人乗り旅客機ボーイング797とは? »

2011年8月20日 (土)

ローマ帝国時代にキケロが言ったこと

姉妹編、「行列のできるお笑いブログ」はこちらです。

今日の英語で教訓 : 今日の教訓は、紀元前、ローマ帝国の政治家であり哲学者でもあったキケロの言葉だ。
あれから2000年以上の月日を経て、文明は著しく発展したが、人間の性は当時と、何ら変わっていない。
歴史から大いに学ぶべきだろう。

(( Translation into Japanese by Mike Matsutani ))

"The budget should be balanced, the Treasury should be refilled,
予算は収支が取れていること、国庫は確保されていること、

public debt should be reduced,
負債は少なくすること、

the arrogance of officialdom should be tempered and controlled,
官僚の傲慢さをなくし、ひとりよがりにならないこと、

and the assistance to foreign lands should be curtailed lest Rome become bankrupt.
ローマ帝国が破産しないように、外国への協力はできるだけ控えるべし。

People must again learn to work, instead of living on public assistance."
国民は、国の援助に頼らず、自ら汗を流すことを再確認すべき。

- Cicero - 55 BC
‐キケロ‐ 紀元前55年

ブログを読まれた方は
以下のバナーをクリックして下さい。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

« 老いについて考える | トップページ | 脅威の1,000人乗り旅客機ボーイング797とは? »

人生訓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/41218246

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ帝国時代にキケロが言ったこと:

« 老いについて考える | トップページ | 脅威の1,000人乗り旅客機ボーイング797とは? »

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ