« ローマ帝国時代にキケロが言ったこと | トップページ | ビル・ゲイツ V.S. フォード »

2011年8月21日 (日)

脅威の1,000人乗り旅客機ボーイング797とは?

姉妹編、「行列のできるお笑いブログ」はこちらです。

今日の英語で三面記事 : ボーイング社の次世代旅客機B797は、何と1,000人乗りだ。

Photo_2

(( Translation into Japanese by Mike Matsutani ))

Boeing is preparing a 1000 passenger jet that could reshape the Air travel industry for the next 100 years.
ボーイング社は次の100年の間に航空機業界を一新するであろう1,000人乗りの旅客機を計画中である。

The radical Blended Wing design has been developed by Boeing in cooperation with the NASA Langley Research Center.
斬新的な融合主翼は、NASAのラングレー・リサーチ・センターの協力を得てボーイング社が開発したものである。

The mammoth plane will have a wing span of 265 feet compared to the 747's 211 feet, and is designed to fit within the newly created terminals used for the 555 seat Airbu A380, which is 262 feet wide.
この大型旅客機の主翼は265フィートあり(B747は211フィート)、262フィートのエアバスA380(555人乗り)用に新しく建設されたターミナルが使えるように設計されている。

There are several big advantages to the blended wing design, the most important being the lift to drag ratio which is expected to increase by an amazing 50%,
融合主翼にはいくつか有利な点があるが、最も大切なのは楊抗比が50%も改善されていることだ。
with overall weight reduced by 25%, making it an estimated 33% more efficient than the A380.
総重量は25%軽くなり、A380よりも33%効率が良い。

The exact date for introduction is unclear, yet the battle lines are clearly drawn in the high-stakes war for future civilian air supremacy.
正式な導入日は未定だが、次世代の民間機で優位性を保つための熾烈な競争は避けられないだろう。

ブログを読まれた方は
以下のバナーをクリックして下さい。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

« ローマ帝国時代にキケロが言ったこと | トップページ | ビル・ゲイツ V.S. フォード »

英語三面記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/41220555

この記事へのトラックバック一覧です: 脅威の1,000人乗り旅客機ボーイング797とは?:

« ローマ帝国時代にキケロが言ったこと | トップページ | ビル・ゲイツ V.S. フォード »

ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ