« ママの言うことに従順だったのは誰? | トップページ | 大学入試センター試験英語 穴埋め問題 »

2012年1月16日 (月)

大学入試センター試験 穴埋め問題

姉妹編、「行列のできるお笑いブログ」はこちらです。

今日の英語でセンター試験 : 2012年度大学入試センター試験英語の穴埋め問題を解いてみよう。

第2問 A 問1:
次の文章の空所に入るべきものを1-4より選べ。

Some companies have ( ) a new policy of using English as the official in-house language.

(1) absorbed
(2) accomapanied
(3) adopted
(4) appointed

解答の手順:

(1)主語は Some companies(いくつかの会社は)である。

(2)選択肢はいずれも動詞の過去分詞形になっているので、

(3)have+過去分詞形の現在完了形の文章だ。

(4)目的語はa new policy of using Englishで、

(5)「英語を使うという新しい方針」と言う意味だ。

(6)ここまでを通して訳すと以下のようになる。

(7)「いくつかの会社は英語を使うという新方針をすでに( )している」

(8)おそらく、「採用している」、「取り入れている」と言う意味の動詞が入ると推測できる。

(8)あとは選択肢から最適なものを選ぶだけだ。

(9)選択肢(4)のappointは「人を~に任命する」とか「日時を指定する」と言う意味だから適切な動詞とは言えない。

(10)選択肢(1)のabsorbは「吸収する」だからこれも不適。

(11)選択肢(2)のaccompanyは「人に同伴する、一緒に行く」で不適。

(12)選択肢(3)のadoptは「採用する」なのでこれが正解。

(13)as the official in-house languageは「社内の正式な言語として」と言う意味だが、この部分は無視しても問題を解くことはできる。

(注) a new policy of using Englishのofは同格のofと呼ばれ「~という」の意味だ。
   例: the fact of his death 彼が死んだという事実

明日も穴埋め問題をやる予定。

ブログを読まれた方は
以下のバナーをクリックして下さい。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

« ママの言うことに従順だったのは誰? | トップページ | 大学入試センター試験英語 穴埋め問題 »

大学入試センター試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/43738812

この記事へのトラックバック一覧です: 大学入試センター試験 穴埋め問題:

« ママの言うことに従順だったのは誰? | トップページ | 大学入試センター試験英語 穴埋め問題 »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ