« ブロンド嬢の飛行訓練 | トップページ | 男と女の考え方の相違 »

2012年1月 4日 (水)

ブロンドが刑事になるには

姉妹編、「行列のできるお笑いブログ」はこちらです。

今日の英語でジョーク : 「hijokes.com」より。

情報源 :http://www.hijokes.com/blondes/7134.html

(( Translation into Japanese by Mike Matsutani ))

Three blondes were applying for the last available position in the Wyoming Sheriff's Department. The detective conducting the interview looked at the three of them and said, "So ya'll want to be a cop, eh?" The blondes all nodded.

ワイオミング警察署のたった一つの職に3人のブロンド嬢が応募した。刑事が3人を面接し、「そう、3人とも警官になりたいってことですね。」と言った。3人のブロンドは全員うなずいた。

The detective got up, opened a file drawer and pulled out a file folder. Sitting back down, he opened it up and pulled out a picture and said,

刑事は立ち上がり、引出から一つのファイルを取り出し、座りなおした。彼はファイルをひろげ、一枚の写真を取り出し言った。

"To be a detective, you have to be able to detect. You must be able to notice such things as distinguishing features and oddities, like scars and tattoos."

「刑事になるには、犯人を見つけるため、傷や刺青など、他人と異なる特徴をとっさに見分ける力が求められる」

So saying, he stuck the photo in the face of the first blonde and withdrew it after about two seconds.

そう言って彼は、最初のブロンド嬢の目の前にその写真を突出し、数秒後にひっこめた。

"Now," he said, "did you notice any distinguishing features about the man?"

「では、写真の男について何か特徴が見つけられたかね」

The blonde immediately said, "Yes, I did. He has only one eye!"

最初のブロンドはすぐさま言った「はい、その男は片目でした」

The detective shook his head and said, "Of course he has only one eye in this picture! It's a profile of his face! You're dismissed!"

刑事は首を横に振り言った「そりゃ、目は一つしか見えないかっただろうよ、横顔の写真だからな。残念ながら失格だ」

The first blonde hung her head and walked out of the office.

ブロンドは首をうなだれて出て行った。

The detective then turned to the second blonde, stuck the same photo in her face for two seconds, pulled it back and said, "What about you? Did you notice anything unusual or outstanding about this man?"

刑事は、次に二番目のブロンド嬢に同じ写真をつきつけ2秒後に引込め、言った「君はどうだね?何か際立った特徴が見つかったかな?」

"Yes! He only has one ear!"

「もちろん、男は片耳でした」

The detective put his head in his hand and exclaimed, "Didn't you hear what I just told the other bimbo? This is a profile of the man's face! Of course you can only see one ear! You're excused, too!"

刑事は頭を抱え叫んだ、「さっき私が言ったことを聞いていなかったのかね。横顔の写真だと言ったはずだ。耳は一つしかないのは当たり前だろう。君の落第だ」

The second blonde sheepishly walked out of the office.

二番目のブロンドは肩を落とし出て行った。

The detective turned his attention to the third and last blonde and said, "This is probably a waste of time, but...."

刑事は最後に残った三番目のブロンドを見て言った「たぶん時間の無駄だとは思うが」

He flashed the photo in her face for a couple of seconds and withdrew it, saying, "All right. Did you notice anything distinguishing or unusual about this man?"

彼は同じように数秒写真を見せてから引込めた。「どうだね、何か特徴が見つかったかい」

The blonde replied, "I sure did! This man wears contact lenses."

ブロンドが答えた「もちろんですわ、この男はコンタクト・レンズをしています」

The detective frowned, examined the picture and began reviewing some of the papers in the folder. He looked up at the blonde with a puzzled expression and said, "You're absolutely right!

刑事は顔をしかめ、写真をじっくり見て、ファイルに入っている書類を眺めた。ようやく顔を上げ、不思議そうにブロンドに尋ねた。「その通りだよ」

His bio says he wears contacts! How in the world could you tell that by looking at this picture?"

「男の経歴書にはコンタクト着用と書いてあったが、どうしてこの写真からそれが分かったんだ?」

The blonde rolled her eyes and said, "Well, duhhhhhhh!

ブロンドは目を見開いて言った、「えーっとですねえー」

With only one eye and one ear he certainly can't wear glasses!"

「片目で片耳なら、絶対にメガネはかけられないでしょ」


ブログを読まれた方は
以下のバナーをクリックして下さい。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

« ブロンド嬢の飛行訓練 | トップページ | 男と女の考え方の相違 »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/43503834

この記事へのトラックバック一覧です: ブロンドが刑事になるには:

« ブロンド嬢の飛行訓練 | トップページ | 男と女の考え方の相違 »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ