« 家事を手伝わない夫 | トップページ | 浮気な亭主への警告 »

2012年4月 3日 (火)

関係代名詞と同格のthat

姉妹編、「行列のできるお笑いブログ」はこちらです。

今日の英文法 : 関係代名詞のthatと、同格のthatについて説明しよう。

2008年1月14日のブログに以下の2つの例文を紹介したことがある。

(1) The fact that had been opened to the public was not true..

(2) Everybody knows the fact that he told a lie.

(1)の The fact that の that は、関係代名詞である。その証拠にそのあとの文章が不完全な文章になっている。
この場合は、thatの後ろの文章には主語がない。主語が先行詞としてthatの前に出てしまっているからだ。

例文(1)は,次の二つの文章が一つになったものだ。

The fact had been opened to the public.
その事実は公表されていた。 、

The fact was not true.
その事実は本当ではなかった。

この二つの文章を重ねると、

The fact (THE FACT HAD BEEN OPENED TO THE PUBLIC) was not true.
「その事実は、(その事実は公表されていたが)本当ではなかった。

となる。ここで、The fact と THE FACT が同じものなので、THE FACT を that と言う関係代名詞に置き換えたのが例文(1)である。

The fact (that had been opened to the publi) was not true.

このように関係代名詞 that の後ろは必ず不完全な文章になってしまう。


次に同格の that だが、この場合は、例文(2)のように that の後ろには完全な文章が来る。
この同格の that は、以下のように、イコール( = ) に置き換えることができる。

the fact that he told a lie
the fact = he told a lie.
事実  = 彼がウソをついたということ

つまり、例文(2)は、

「全ての人が、事実(=彼がウソをついたということ)を知っている」ということだ。


ブログを読まれた方は
以下のバナーをクリックして下さい。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

« 家事を手伝わない夫 | トップページ | 浮気な亭主への警告 »

英文法ー関係詞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/44729221

この記事へのトラックバック一覧です: 関係代名詞と同格のthat:

« 家事を手伝わない夫 | トップページ | 浮気な亭主への警告 »

ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ