« 牧師と弁護士 | トップページ | 大人の童話 チェース・マンハッタン銀行頭取との賭け »

2012年7月 8日 (日)

怪奇病棟、日曜朝11時なると、

姉妹編、「行列のできるお笑いブログ」はこちらです。

今日の英語でジョーク : 「spiceyjokes.com」より。不適切な表現があるかもしれませんがあくまでジョークです。

In a hospital’s Intensive Care Unit, patients always died in the same bed, on Sunday morning, at about 11:00 a.m, regardless of their medical condition.

ある病院の集中治療室では、毎週日曜の朝11時になると。決まったベッドで、症状は異なれど、必ず患者がなくなるという。

This puzzled the doctors and some even thought it had something to do with the supernatural.

医者たちは理由が分からず何かに取りつかれているのでないかと不気味に思っていた。

No one could solve the mystery as to why the deaths occurred around 11:00 a.m. on Sunday, so a Worldwide team of experts was assembled to investigate the cause of the incidents.

毎週日曜朝11時に起こるミステリーを解くカギを求め、世界の専門家を集め真相究明チームが結成された。

The next Sunday morning, a few minutes before 11:00 a.m., all of the doctors and nurses nervously waited outside the ward to see for themselves what the terrible phenomenon was all about.

次の日曜朝11時数分前、これから起ころうとする現象を見届けようと、医者、看護婦たちがかたずを飲んで病室の外から中の様子をで見守っていた。

Some were holding wooden crosses, prayer books, and other holy objects to ward off the evil spirits.

木製の聖書と十字架を手にしたもの、また悪魔よけを手にしたものもいた。

Just when the clock struck 11:00, Pookie Johnson, the part-time Sunday sweeper, entered the ward and unplugged the life Support system so he could use the vacuum cleaner.

時計の針が11時を指した時だった。日曜担当の清掃員であるパートタイマーのプーキー・ジョンソンが病室に入って行き、掃除機をかけるため、生命維持装置のコードをコンセントから引き抜いたではないか。

ブログを読まれた方は
以下のバナーをクリックして下さい。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

« 牧師と弁護士 | トップページ | 大人の童話 チェース・マンハッタン銀行頭取との賭け »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/46059214

この記事へのトラックバック一覧です: 怪奇病棟、日曜朝11時なると、:

« 牧師と弁護士 | トップページ | 大人の童話 チェース・マンハッタン銀行頭取との賭け »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ