« 怪奇病棟、日曜朝11時なると、 | トップページ | かくれんぼ »

2012年7月 9日 (月)

大人の童話 チェース・マンハッタン銀行頭取との賭け

姉妹編、「行列のできるお笑いブログ」はこちらです。

今日の英語でジョーク : 「spiceyjokes.com」より。不適切な表現があるかもしれませんがあくまでジョークです。

An elderly woman walked into the main office of Chase Manhattan Bank building, holding a large paper bag in her hand.
大きな紙袋を抱えた年配の婦人がチェース・マンハッタン銀行本店にやって来た。

She told the young man at the teller's window that she wished to deposit the $3 million in the bag and open an account at the bank.
彼女は、出納係りの若い男性に、紙袋に入っている3百万ドルを預金するので口座を開設してほしいと告げた。

She said that first, though, she wished to meet the president of the bank due to the amount of money involved.
彼女は、その前にまず、大金を預けるのだから頭取に会いたいと申し出た。

The teller thought that to be a reasonable request, and, after opening the bag and seeing bundles of $1000 bills, which amounted to approximately $3,000,000, telephoned the bank president's secretary for an appointment for the lady.
紙袋の中の1,000ドル紙幣の束を見て3百万ドルは入っていると確信した出納係りは、尤もな要求だと思い、頭取の秘書に電話をかけた。

The woman was escorted upstairs and ushered into the president's office.
老婦人は頭取の事務室に案内された。

Introductions were made, and she stated that she liked to get to know people she did business with on a more personal basis.
紹介ののち、彼女は取引相手のことを個人的なレベルでよく知っておきたいと申し出た。

The president then asked her how she came into such a large sum of cash. "Was it inherited?" he asked.
頭取はまず彼女にそのような大金をどのようにして手に入れたのかを知るために、その大金は遺産かと尋ねた。

"No," she replied. He was quiet for several seconds, trying to think of where this elderly lady could possibly have come into $3 million.
彼女が違うと答えると、頭取は、しばし無言で、一体彼女はどうしてその大金を手に入れたのかと頭を巡らせた。


"I bet," she offered. "As in horses?” "No," she replied, "as in people". Seeing his confusion, she explained that she just bet on different things with people.
頭取が「では競馬で?」と訊くと「いいえ違います。馬ではなく人に掛けたのです」と彼女が答えた。頭取が不思議そうな顔をしているので「ちょっと変わった賭け事をするんです」と説明を加え、

Suddenly, she said, "I'll bet you 25,000 that by 10 o'clock tomorrow morning your balls will be square."
突如、こう言った「明日朝10時までに貴方の股間のモノが四角になっているでしょう。これに2万5千ドル賭けたいと思います」

The bank president figured she must be off her rocker and decided to take her up on the bet.
頭取は、彼女は少し頭がおかしいと判断し、この賭けに乗ることにした。

He didn't know how he could lose. For the rest of the day, he was extremely cautious—he decided to stay home that evening and take no chances. $25,000 was at stake.
こんなバカげた賭けに負けるはずがない。明日の朝まで無事でさえいれば。大事を取って彼はその日の夜は外出しないことにした。

When he got up in the morning and took his shower, he checked to make certain that everything was O.K.
翌朝起床し、シャワーを浴び、彼は自分の体を十分チェックしてみたが、何ら異変はない。

He went to his office and waited for the woman to come in at 10AM, humming as he went. He knew this was his lucky day. How often did he get handed $25,000 for doing nothing?
彼は事務所に行き、鼻歌交じりで彼女が現れるのを待った。今日はタナボタの2万5千ドルが手に入る運命の日だ。

At 10 o'clock sharp, the woman was shown into his office. With her was a man. When the bank president asked her what the other man was with her for, she informed the president that he was her lawyer and she always took him along when there was this much money involved in her betting.
10時きっかりに彼女は1人の男と一緒にやって来た。頭取がその男は誰なのかと訊くと、彼女はこう答えた「彼は私の弁護士です。大きな賭けをするときはいつも弁護士に来てもらうことにしています」

"Well," she asked, "what about our bet?" "I don't know how to tell you this," he said, "but I'm the same as I've always been, only $25,000 richer."
彼女が「さて、賭けの結果はどうなのかしら?」と訊くと、頭取が答えた「何と言っていいのか、私は昨日までの私と何ら変わったところはない、ただし、25,000ドルだけ金持ちになっていることを除いて」

The old lady asked him to drop his pants so they could all see. The president complied. The old lady peered closely at his balls and then asked if she could feel them.
老婦人は頭取にズボンを降ろして見せてほしいと言った。頭取が従うと、彼女はまじまじと股間を眺めてから、触ってもいいかと尋ねた。

"Well, okay," said the president, "$25,000 is a lot of money, so I guess you should be absolutely sure."
「もちろんいいとも、2万5千ドルは大金だから、それくらいはどうってことはない」

Just then, he noticed that the lawyer was quietly banging his head against the wall. The president asked the old lady, "What's wrong with him?"
その時彼は、弁護士が無言で壁に頭を打ち付けているのを目にした。「一体彼はどうしたんだ?」と頭取が彼女に訊くと、

She replied, "Nothing, except that I bet him $100,000 that by 10am today I'd have the Chase Manhattan Bank's president's balls in my hand."

「弁護士さんは、10万ドルの賭けに負けただけですよ。今朝の10時までに私がチェース・マンハッタン銀行の頭取の股間を触るという賭けだったんです」

ブログを読まれた方は
以下のバナーをクリックして下さい。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

« 怪奇病棟、日曜朝11時なると、 | トップページ | かくれんぼ »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、はじめまして!masaと申します!
マイク松谷さんのブログ面白いですね!
僕もマイク松谷さんのように自分のブログに映画の面白い場面を書き始めました!
次の投稿楽しみにしています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/275851/45589119

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の童話 チェース・マンハッタン銀行頭取との賭け:

« 怪奇病棟、日曜朝11時なると、 | トップページ | かくれんぼ »

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ