2009年12月 9日 (水)

AS IF と WOULD RATHER と SUPPOSE

今日の英文法 : 学校英語の定番、"as if (まるで~のよう)"、"would rather (どちらかというとむしろ~だ)"、"suppose ~ (~だとすると)" を取り上げてみよう。
いずれも仮定法である。


(1) あたかも心臓を撃ち抜かれたような衝撃だった。
    I was shocked as if I had been shot through the heart.

(解説) 実際に撃たれたわけではないので、仮定法になっている。


(2) まるで地球の果てまで歩いたような疲れかただな。
    You look tired as if you had walked to the end of the earth.


(3) どっちかっていうと、きょうはイタ飯だな。
    I would rather try Italian food tonight.


(4) 病院に行くくらいなら、死んだほうがましだよ。
    I would rather die than go to hospital.


(5) この石がダイアモンドだとしたら。
    Suppose this stone was diamond.


(6) この爺さんが、水戸光圀公ならばどうする?
    Suppose this old man was Mito-Mitsukuni, what would you do?

 ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you tomorrow!
Mike Matsutani

2009年12月 8日 (火)

推量の仮定法

今日の英文法 : 仮定法の特徴の一つは、助動詞が過去形になることだが、直接法で用いる現在形の助動詞にくらべ、可能性がより低くなる傾向がある。


(1) ことによると間違っているかもしれないが。
    I could be wrong, though.


(2) 私ならおそらく買わなかっただろうね。
    I wouldn't have bought it.


(3) そうかもね。
    Could be.


(解説) 主語の "it" が省略された慣用句


(4) 馬鹿げているかもしれませんが。
    It might sound stupid, but.....


(5) 多くの日本人がいただろう。
    There would have been a lot of Japanese people.

 ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you tomorrow!
Mike Matsutani

2009年12月 7日 (月)

丁寧な表現に欠かせない仮定法

今日の英文法 : 英語には日本語と違って丁寧語がないといわれるが、英語で丁寧に表現したければ、仮定法は欠かせない。

なぜ、仮定法が丁寧な表現になるのかというと、直接法のように自分を現実の世界においてストレートに話をするのではなく、現実の世界から一歩距離をおき仮想の世界で話をすることになり、あいまいでへりくだった表現になるからである。


では、いくつか例文を挙げておこう。

(1) コーヒーはいかがですか?
   Would you like some coffee?

(解説) "Do you want some coffee?"と直接法でいうと、「コーヒー要る?」って感じになり丁寧さに欠ける。"Would you ~ ?"ならば、「もし何かご希望でしたら、コーヒーなどいかがでしょうか」というように丁寧でへりくだった表現になる。


(2) 砂糖が欲しいのですが。
    I'd like some sugar.

(解説) "I'd like"は、"I would like"の略であり、もちろん仮定法だ。"I want some sugar."と、直接法でいうと、子供が、「砂糖、欲しいよう」とか、言い方によっては、「砂糖がいるんだけど」と相手を促すような感じになってしまう。"I would want"は使わない。"want"はストレートに欲しいという表現になるから。一方 "like"なら、「~が好き、~を好む」ということなので、遠回しで婉曲的に聞こえる。

    
(3) ご回答いただきたくお願いいたします。
    Your reply would be apprecited.


(4) ここではおタバコはお控えください。
    Would you refrain from smoking here?


(5) 今後ともよろしく、ご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
    Your continued support would be greatly appreciated.

 ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you tomorrow!
Mike Matsutani

2009年12月 6日 (日)

見分けにくい、IF無し仮定法

今日の英文法 : IFの条件文がない仮定法も多く存在するので要注意。仮定法かどうかを形の上から判断するなら、助動詞が過去形かどうかを見ることである。ただし、時制の一致により過去形になっているものは除く。意味の上から判断するには、現実の話なのか、あくまで仮想の話なのかだ。


では、いくつか例文を挙げておこう。

(1) 賢い人はそんなことは言わない。
    A wise man wouldn't say such a thing.

(解説) 主語の wise man に条件が含まれており、「賢い人なら」という意味。  


(2) あなたのためなら命だって惜しくない。
    I would die for you.

(解説) この日本文を英語にする際は、仮定法にすること。仮定法だからこそ、現実の話ではなく、仮想の世界でのあくまで仮定にすぎないことだと理解できる。英文には条件文はないが、あえて言えば、「もし、死ねと言われるのならば」等が省略されていると考えることができる。

これを英語の直接法で、"I will die for you." と言うと、いきなり現実味を帯び、「あなたのために今から死にます」という意味になってしまう。


(3) あなたを幸せにできるなら何でもするよ。
    I would do anything to make you happy.

(解説) 英文には、条件を示すIF文はないが、"to make you happy" 「幸せにするために」の部分が条件と考えることができる。
 
(4) どんなバカでも分かるだろうよ。
    Any fool could see it.


 ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you tomorrow!
Mike Matsutani

2009年12月 5日 (土)

~でありさえすればなあ願望 = IF ONLY

今日の英文法 : "I wish (~であればなあ)" が、実現不可能か不可能に近いことを祈願する仮定法であることは前に説明した。
これに近い表現で、"If only" というのがある。これも仮定法として用い、「~でありさえすればいいだがなあ」と "I wish" よりもさらに限定された祈願文といえる。


では、いくつか例文を挙げておこう。

(1) そばにいてくれるだけでいい (フランク永井:「おまえに」より)
    If only you were here with me.


(2) も一度会えればそれだけで本望だ。
    If only I could see her once again.


(3) せめてあと一回チャンスがあればなあ。
    If only I had another chance.


(4) あの時、あなたにめぐり逢えていたのなら。
    If only I had met you at that time.

一方、似たような表現で、"only if" というのがあるが、こちらは仮定法ではなく、直接法の条件文で使われる。

(5) 18歳以上に限る。
    Only if you are older than 18.

(6) 雨天の場合のみ、払い戻しいたします。
    Only if it rains, you can get a refund.

 ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you tomorrow!
Mike Matsutani

2009年12月 4日 (金)

仮定法の微妙なニュアンス

今日の英文法 : 今日は仮定法の微妙なニュアンスについて。

仮定法は、現在や過去の事実に反することや、きわめて可能性の低いことを仮定する際に用いるとこれまで説明してきた。では、以下の例はどうだろうか?

(J1) 手伝ってくれるとうれしいです。

(E1) If you can help me, I'm happy.

もちろん(E1)の英語で十分通じるが、場合によっては、あまり洗練された大人の英語ではないかも知れない。この英文は、全部現在形で書かれているので、仮定法ではなく直説法だ。また、意味から言っても、手伝ってくれる可能性がないとか、手伝ってくれる可能性が低いとかいうわけでもないので、仮定法は使えないだろうと思われるかもしれない。

しかし、直接法というのは、現実の世界の話になり、「手伝ってくれればうれしい」が、「手伝ってくれなければうれしくない」と暗に言っていると、場合によってはとれなくもない。

(J1)の真意は、手伝って欲しいという依頼であろう。人にものを頼む際、直説法以外に命令法もあるが、いづれも使い方によっては失礼になることがある。そういうときこそ、仮定法の出番だ。

(E2) If you could help me, I would be happy.

(E2)は(E1)を仮定法過去に書き換えたものだ。意味は、「(お手伝いいただかなくても構いませんが)もし万一お手伝いしていただけるならば幸いです」と非常にへりくだった表現で、相手に押し付けるような感じはしない。

このように、丁寧に依頼ごとをする場合は、仮定法が良く使われる。

(2) あなたに来ていただきたいのですが。
    I would like you to come.

(3) 早急にご回答いただければ幸いです。
    A prompt reply would be deeply appreciated.

(4) 留守中、うちの犬の面倒をみてもらえないでしょうか?
    Would you please take care of my dog while we are away.


 ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you tomorrow!
Mike Matsutani

2009年12月 3日 (木)

「あの時~だったら、今~なのに」 仮定法過去完了+仮定法過去

今日の英文法 : 仮定法過去と仮定法過去完了の勉強をしてきたが、今日は、この2つが混合している例を練習する。

(1) 仮定法過去完了 + 仮定法過去の意味

    「あの時~だったら、今は~なのに」   

(2) 仮定法過去完了 + 仮定法過去の形

    IF + 主語 + 動詞の過去完了形 + 主語 + 助動詞の過去形 + 動詞の原形

つまり、過去のことを想定して今現在の状態を仮定する方法である。

では、いくつか例文を挙げておこう。

(1) (あの時)医大を中退していなかったら、(今頃は)名医だろうに。
    If he had graduated from the medical college, he would be a good doctor.


(2) あの事故さえなければ、今100歳になっているだろう。
    Without the traffic accident, he would be 100 years old now.

(注) この例文のように、IF文の代わりに、Without を使うこともできる。


(3) もっと早く結婚していたら、(今頃は)子供も大人になっているんだが。
    If I had got married much earlier, my children would be grown up.


(4) 昨日宿題やっとけば、今日外出できるんだけどなあ。
    If I had done my homework last night, I could go out today.

 ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you tomorrow!
Mike Matsutani

2009年12月 2日 (水)

「あの時~だったら、~だったのに」 仮定法過去完了

今日の英文法 : 今日は仮定法過去完了を取り上げるが、仮定法過去が理解できていれば簡単じゃ。両者の違いは以下の通り。

(1)意味上の違い
   仮定法過去 - 現在の事実に反することや可能性の薄い事実を想定して、「今~なら、今~なんだが」
             例 : 「あと10センチ背が高いなら、もてるんだがなあ(実際は背が低いのでもてない)」

   仮定法過去完了 - 過去の事実に反することや可能性の薄い事実を想定して、「あの時~だったら、あの時~だったのに」
             例 : 「昨日雨だったら、家に居たんだけど(実際は昨日晴れていたので外出した)」
 

(2)形上の違い
   仮定法過去 - IF + 主語 + 動詞の過去形 + 主語 +助動詞の過去形 +動詞原形
             例 : If I were 10cm taller, I would be popular among girls.

   仮定法過去完了 - IF + 主語 + 動詞の過去過去形 + 主語 +助動詞の過去形 +動詞現在完了形
             例 : If it was rainy yesterday, I would have stayed at home.

つまり、意味的な違いは、現在のことを仮定しているのか、過去のことを仮定しているのかということ。また、形の上での違いは、仮定法過去の時制を古くしたものが仮定法過去完了ということになる。

では、仮定法過去完了の例文を挙げておこう。

(1) もう少し先見の明があったなら、あんな株なんか買わなかったのに。
    If I'd had a little more foresight, I wouldn't have bought the stock.

(和文英訳の極意) もし、先見の明を英語にできなければ、「も少し賢かったら」とすればよい、これなら If I were a little wiser と簡単な単語で訳せる。もし、wise と言う形容詞も思いつかなかったら、「分かっていたら」 = "If I knew it" としても、意味に大差はないだろう。これなら中学生でも書けるはずだ。

このように、自分の英語のレベルにあわせて、英訳する前に日本語を平易なものに変えるのを練習しておくと、和英辞書を使わず、英訳が可能になる。

(2) 言ってくれてたら、貸してあげたのに。
    If you had asked me, I would have lent you some money.


(3) 市橋だと分かっていれば、雇わなかっただろう。
    If we had known he was Ichihashi, we wouldn't have hired him.

(4) でも、雇っていなかったら、懸賞金の1千万はもらえなかっただろう。
    If we hadn't hired him, we wouldn't have been given part of the 10 million yen reward.

(注)この文章は、2重否定になっており、英語的にはあまり好ましくないが、仮定法の練習のために取り上げた。この場合、実際には、仮定法ではなく、「雇ったおかげで懸賞金がもらえた」と直説法でいうほうが普通かもしれない。

 ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you tomorrow!
Mike Matsutani

2009年12月 1日 (火)

I hope V.S. I wish

今日の英文法 : 今日は、I hope と I wish の違いについてじゃ。

以下の2つの文章の違いがわかるかな?

(1) I hope she will show up tonight.

(2) I wish she would show up tonight.

(1)は、「I hope + 主語 + 助動詞の現在形」になっているので直説法の条件文である。つまり、彼女が来る可能性と来ない可能性がある中で、来る可能性の方を希望している。

例文の意味 : (彼女が今夜来るか来ないかはわからないが)来てほしい。(来る可能性はある)


(2)は、「I wish + 主語 + 助動詞の過去形」になっているので、仮定法過去である。つまり、彼女が来る可能性はゼロ(又はきわめてゼロに近い)だが、無理とわかっていても来てくれればいいのだがといった可能性のない(又は低い)願望を示し残念だという意味を表している。

例文の意味 : (彼女が今夜来るはずがないのは知っているが)来てくれればいいんだがねえ。(残念ながら来る可能性はない)

従って、「早く良くなって欲しいと願っています」という日本文を、

I wish you would get better soon.

という英文にしてはいけない。これは、「あなたが良くなる可能性はないのだが、良くなってくれればいいんだがなあ」という意味だ。これでは、相手の人は慰められるどころか怒ってしまうだろう。正しくは、

I hope you will get better soon.

と言わなければならない。

 

 ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you tomorrow!
Mike Matsutani

2009年11月30日 (月)

条件文と仮定法過去

今日の英文法 : 久しぶりに英文法の時間じゃ。では、仮定法のおさらいをしてみよう。

以下の2つの文章の違いがわかるかな?

(1) If she is single,

(2) If she was single,

(1)は、IF文の動詞が現在形になっていので、条件文だ。つまり、「(彼女が独身だかどうかは知らないが)もし独身なら」と言う意味。

(2)は、IF文の動詞が過去形になっているので、仮定法過去と呼ばれている。これは、現在の事実とは異なることを仮定するときに用いられる。この例文の意味は、「(彼女が独身でないことは知っているが)もし、仮に独身ならば」ということ。

上記の(1)と(2)の英文を完成させると以下のような文章になるだろう。

(1) If she is single, I want to marry her.
   (彼女が独身かどうか知らないが)独身なら、結婚したい。(結婚する可能性は残されている)

(2) If she was single, I would marry her.
   (彼女は残念ながら独身ではないのだが)独身だったら、結婚するんだがなあ。(実際には結婚できない)

 

 ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you tomorrow!
Mike Matsutani

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ