2009年6月25日 (木)

One, Another, The other の使い方

今日の教えて : One, Another, The other の使い方を勉強しよう。

基本的な使い分けは以下のとおり。

(1) One : 複数あるもののうち、どれでもいいから一つを指す

(2) Another : 複数あるもののうち、どれか別のものをもう一つ

(3) The other : 残ったもの一つを意味する。
           (残ったものが複数なら、The othrsとなる)

以下の具体例でこれらの違いをしっかりと認識せよ。

(1) ボールが2個あり、一つは赤、残りは白。
   One is red
   The other is white.

(2) ボールが3個あり、一つは赤、もう一つは白、残りは黒。
   One is red
   Another is white.
   The other is black.

(3) ボールが4個あり、一つは赤、もう一つは白、もう一つは黒、残りは緑。
   One is red
   Another is white.
   Another is black.
   The other is green.

(4) ボールが5個あり、一つは赤、別の二つは白、残りは黒。
   One is red
   Two are white.
   The others are black.
   .
残りものは限定されてしまうので、必ず、定冠詞の The が必要だ。

目からウロコだと思われた方も、そうでない方も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you,
マイク 松谷

2009年3月 6日 (金)

代名詞の使い方 

今日の教えて : 今日は、代名詞の使い方についてじゃ。

我々、日本人は、一般の人々について言及する際、「我々は、」をよく使うが、英語では、"we" ではなく、"you"を使う方が無難である。以下の例をみてみよう。

私達は、お金持ちを必要以上に尊敬しがちである。

We tend to look up to the rich unnecessarily.

このように、"we" を使うと、"we" でない人たちは、「尊敬しがちではない」ということを意識せざるを得なくなる。そこで、"you" を使って書き換えると、

You tend to look up to the rich unnecessarily.

この "you" は、自分も含めた一般の人々( = people ) を指しており、決して、「あなた」を指しているのではない。日本人には、この一般人を表す "you" を使うのに抵抗がある人が多いのは事実だが、英語ではごく自然な文章である。

我々と、我々でない人々を想定している場合は、もちろん "we" を使える。

我々は皆、長生きしたいと思っているが、彼らはそうではない。
We all want to live long, but they don't.

目からウロコだと思われた方も、そうでない方も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

See you,
マイク 松谷

2008年12月23日 (火)

SOME か ANY ?

今日の教えて : "some" と "any” の違いを言葉で説明すると以下のようになるが、理屈ではなく、例文で身につける方が自然であると思う。

"some"は、単数の名詞と一緒に使えば、「何かの、だれかの」、複数の名詞と使えば、「いくつかの」という意味になる。代名詞として使えば、「いくつかのもの」となる。

一方、"any"は、疑問文や条件文で使えば、「いくらか、なにか、どれか」、否定文で使うと、「何も、どれも」、肯定文では、「どんな~でも、あらゆる」といった意味になる。

以下の (1) から (6) には、some か any を入れよ。
(7) と (8) は、anytime か sometime を入れよ。


(1) アダルトビデオあったら、ちょっと貸してくれよ。
  If you have (  ) adult videos, please lend me (  ).
  
(2) お小遣いちょうだいよ、パパ。
  Would you give me (  ) money, dad?.

(3) こんな朝っぱらから,飲み屋開いてるのかい?。
  Can we find (  ) pubs this early in the morning?

(4) 売ってくれるんなら、どんな値段でも買うよ。
  If you sold it to me, I would get it at (  ) price..

(5) 彼のこと、あなたにいろいろ言わなかったっけ?憶えてんでしょ。
  Didn't I tell you (  ) stories about him? Remember, don't you?

(6) 酒ならなんでも、ありがたくいただくよ。
  (  ) drink would be appreciated.

(7) また、いつでも電話してね。
  Call me again (  ).

(8) また、いつか電話してね。
  Call me again (  ).

正解 :

(1) any, some
(2) some
(3) any
(4) any
(5) some
(6) Any
(7) anytime
(8) sometime


See you,
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2008年12月 2日 (火)

形式主語 / 仮主語とは?

今日の教えて : 今日は形式主語、または仮主語についてだ。

「30年以上も前に愛犬を殺されたことで人を殺すとは、ばかげている。」を直訳すると、
"Killing people only because his dog was killed more than 30 years ago is nonsense."
となるが、この英文は欧米人にとっては非常に違和感がある。

この英文の主語は、
"Killing people only because his dog was killed more than 30 years ago"
であり、述部は、
"is nonsense"
である。このように、述部に対して、主語がやたら長い文章は、英語では敬遠されがちである。なぜなら、英語では、結論をできるだけ早く言うという傾向が非常に強いからだ。でないと、聞き手は、相手が何を言いたいのかを、イライラしながら待たねばならない。

対して、日本語は、結論を後回しにする傾向があるので、「ばかげている」という結論を最後に持ってきても何の違和感もない。

欧米人は、とにかく結論を急ぎたいのだが、いくら結論を早く言おうとしても、英文法では、主語の後に動詞および述部をもってくるという黄金律があるため、どうしても主語を先に言わねばならない。

そこで、苦肉の策として、意味のない "It"を仮の主語に見立て、
"It is nonsense........."
と結論を言った後で、本当の主語を後ろに付け加えるというように工夫したわけである。で、出来上がった文章が、

"It is nonsense to kill people only because his dog was killed more than 30 years ago."

英文法では、このような意味のない "It”のことを形式主語、または、仮主語といい、"to kill ....."以下を真主語と呼ぶのだ。

大阪弁をしゃべるアメリカ人風に、この英文を日本語で解釈すると、
「ホンマ、アホやな、人殺しやて、犬殺されたゆうても、30年の前の話やんか。」
となる。つまり、このアメリカ人の頭の中には、この順番で言葉が組み立てられているということだ。

我々も、英語を使う際は、このアメリカ人の思考を取り入れる必要がある。以下にいくつか例を挙げておく。

Example :

「日本の総理大臣が、こんな漢字が読めないとは信じがたい。」
  It is hard to believe Japanese Prime Minister cannot read such easy Chinese letters correctly.

「儒教の国では、年長者を敬うことは当然のことである。」
  It is natural that you should respect older people in Confucian countries.

See you,
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2008年11月28日 (金)

代名詞の使い方

今日の教えて : 代名詞を正しく使い分けよう。決め手は、特定のものかどうかを見極めることだ。
特定されたものには、it, they, themなどを使い、不特定のものには、one, someを使う。

以下の空欄に適当な代名詞 ( it, them, one, some ) を入れよ。


(1) If you don't have any money, I will lend you ( ).

(2) Do you have a son?
   Yes. I have ( ).

(3) I lost the key. I have to buy ( ).

(4) Did you see her diamond ring?
   Yes. I bought ( ) for her.

(5) Why do you like a dog?
    Because ( ) is friendly.

(6) You need love but you can't buy ( ).

(7) Did you see her shoes?
    No. I wanted to see ( ).

(8) Do you have any friends in Tokyo?
    Yes. I have ( )

(9) Magee Shiro took a handkerchief out of his pocket and put ( ) on the table.


Ciao,
Mike Matsutani

正解 : (1) some (2) one か some (3) one (4) it (5) it (6) it (7) them (8) one か some (9) it

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ