2010年3月 1日 (月)

後置修飾とは その2

[英語] ブログ村キーワード


今日の英文法 : 今日も昨日に続き、英語独特の後置修飾がテーマだ。

名詞を修飾する場合、日本語は修飾語句を必ず名詞の前におくことになっている。(前置修飾)
一方英語には、この前置修飾に加えて、修飾語句を名詞の後ろに置く後置修飾がある。

英語では、この後置修飾の方が多用されるため、これに慣れていないと、英語を理解するのが困難になる。


昨日説明したように、後置修飾には、形容詞によるもの、前置詞句によるもの、関係代名詞によるもの、同格節によるものなどがあるが、今日は、それ以外のTO不定詞、現在分詞、過去分詞、関係副詞による後置修飾を練習する。

(1) TO不定詞による後置修飾

(i) 落としにくい女
   a hard woman to seduce

   (注) seduce 誘惑する、くどく

(ii) 30代で家を建てる方法
   the way to buid a house in your 30s

(2) 現在分詞による後置修飾

(i) 空想の世界に生きる少女
   a girl living in a fantasy world

(ii) 本州と四国をむすぶ橋
   a bridge linking Honshu with Sikoku island

(3) 過去分詞による後置修飾

(i) 悪天候で延期された打ち上げ
   A launch delayed by bad weather

(ii) 工場排水で汚染された河川
   rivers polluted by factory effluent

 

(4) 関係副詞による後置修飾

(i) 私が車にひかれそうになった場所
   the place where I was almost run over by a car.  
    
(ii) 日本人が義理人情に弱い理由
   the reason why Japanese are respectful of duty and sentiment.
   
 

参考になった人も、そうでない人も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you,
マイク 松谷

2010年2月28日 (日)

後置修飾とは その1

[英語] ブログ村キーワード


今日の英文法 : 今日のテーマは英語独特の後置修飾だ。

名詞を修飾する場合、日本語は修飾語句を必ず名詞の前におくことになっている。(前置修飾)
一方英語には、この前置修飾に加えて、修飾語句を名詞の後ろに置く後置修飾がある。

英語では、この後置修飾の方が多用されるため、これに慣れていないと、英語を理解するのが困難になる。

まずは、前置修飾だが、これは特に難しくはないはずだ。

(1)前置修飾

(i) 君の澄んだひとみ
    your clear eyes

(ii) 一万人の興奮したファン
    about 10,000 excited fans


次に後置修飾だが、これには、以下のように、形容詞によるもの、前置詞句によるもの、関係代名詞によるもの、同格節によるものなどがある。

(2) 後置修飾

(A) 形容詞による後置修飾

(i) 会議に出席した人々
   people present at the meeting

(B) 前置詞句による後置修飾

(i) ブーツをはいた女性
   a lady in boots

(ii) 茶髪の女子高生
   a high-school girl with her hair dyed brown

(C) 関係代名詞による後置修飾

(i) キム・ヨナに敗れた浅田真央
   Mao Asada who was defeated by Kim Yuna

   (注) was defeated を省略すると、 Mao Asada defeated となり、過去分詞形による後置修飾となる。

(D) 同格節による後置修飾

(i) 浅田真央がキムヨナに敗れたという速報
   the flash news that Mao Asada was defeated by Kim Yuna.  
    
(ii) 日本人を落胆させた、浅田真央がキムヨナに敗れたという速報
   the flash news that Mao Asada was defeated by Kim Yuna that disappointed Japanese.
   
   (注)これは同格節と関係代名詞の両方による後置修飾の例である。名詞との関係がより強い同格節の方を名詞の後ろに置き、そのあとに関係代名詞節を置くことになっている。
  
一方、日本語では、「~落胆させた」と「浅田真央」の間に句読点を入れておかないと、「~落胆させた浅田真央」と読み取られる可能性がある。または、「落胆させた」を後ろに回し、「~敗れたという日本人を落胆させた速報」としてもよい。

明日は、不定詞、現在分詞、過去分詞による後置修飾だ。

参考になった人も、そうでない人も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you,
マイク 松谷

2009年6月 8日 (月)

無生物主語の使い方

今日の教えて : 日本語では、ほとんど見られない無生物主語については、これまで何回か取り上げたが、これまでとはちょっと違う説明をしてみよう。

無生物主語の文章としては、以下のような第5文型がよく取り上げられるようだ。

(1) What made you do such a thing?

英語をそのまま直訳すれば、「何が君にそのようなことをさせたのか」となるが、こんな日本語を使う日本人はいない。普通は、「なぜ、君はそんなことをしたんだ」と言うであろう。英語にすると、(2)のようになる。

(2) Why did you do such a thing?


例文(1)の "made"は、使役動詞と呼ばれ、「誰かに何かを強いる」という意味である。日本人の思考では、「誰かに何かを強いる」からには、その主語は、そういう意志をもった生物でなければならないが、英語では、たとえ無生物でも、意志を持つと考えられているようだ。依って、(1)のような文章が可能である。

(1)と(2)は同じ意味だと、学校では習ったし、文法書にもそのように書かれている。しかし、本当だろうか?検証してみよう。

確かに両方とも、君がそんなことをした理由がわからないので、君に質問しているのには違いない。しかし、その質問の仕方が違うのだ。

(1)では、主語が "what"であり、(2)では "you"になっている点に注目してほしい。

まず、(2)では、「そんなことをしたのは君だ」、「君は自分の意志でそんなことをした」といういことを前提に、「なぜそうしたのか?」という理由を聞いている。言い方によっては、「(そんなことはすべきではなかったのに)、なんでそんなバカなことを」と相手をなじっているようにも聞こえる。

一方(1)の方は、主語が "what" になっているので、「何かの力が働いて、つまりそんなことをしたのは君自身の責任ではない」と相手を傷つけることなく、そうなった理由を聞いているのである。

つまり、同じように、そのようなことになった理由を聞いているのだが、(1)のように、無生物主語を使った方が間接的で、相手を傷つけることがない。

もし、「君のせいじゃないとは思うんだけど、どうしてそんなことになっちゃたの?」と言いたいときは、"What made you do such a thing?"と言えばいいだろう。

目からウロコだと思われた方も、そうでない方も
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you,
マイク 松谷


2008年12月 9日 (火)

間接疑問文

今日の教えて : 今日は間接疑問文についてだ。まず、以下の4つの文章を見てほしい。

(1) うちの人、誰と付きあってんの?
  Who is my husband seeing?

(2) うちの人が誰と付き合ってるのか知ってんの?
  Do you know who my husband is seeing?

(3) お宅の旦那が誰と付き合ってるのかは知らない。
  I don't know who your husband is seeing.

(4) 彼が誰と付き合っていると思いますか?
  Who do you think he is seeing?


(1)は、疑問詞 (who) + Be動詞 (is) + 主語 (my husband) と並んでおり、Be動詞が主語の前にきているので、普通の疑問文である。

(2)は、"Do you know" の箇所は、普通の疑問文であるが、そのあとの "who my husband is"の部分が、疑問詞 (who) + 主語 (my husband) + Be動詞 (is) となっており、疑問詞は使っているが疑問文の形ではなく、平叙文の順に並んでいる。

(3)は、"I don't know" の後ろが、(2)と同様に、疑問詞 (who) + 主語 (my husband) + Be動詞 (is) となっており、疑問詞は使っているが疑問文の形ではなく、平叙文の順に並んでいる。

(4)は、(2)と同じように間接疑問を含む疑問文だが、(2)と違い、疑問詞 "who " が文の先頭に来ている。このように、"yes"か"no"かで答えられないような場合、疑問詞が先頭に来る。

上記の(2)と(3)と(4)のように、疑問詞があるのに疑問文の形になっていないものを間接疑問文とよんでいる。

次に、疑問詞を使わない疑問文を間接疑問文にするには以下のように "if "を使う。

彼女母親似なの?(疑問文)
  Does she look like her mother?

彼女が母親似かどうかは知らない。(間接疑問文)
  I don't know if she looks like her mother.

See you,
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2008年12月 8日 (月)

修辞疑問文とは?

今日の教えて : 修辞疑問文ってのを知ってるかな?これは、形は疑問文だが、相手に質問するためではなく、自分の主張を強めるために使う手法である。英語特有のものではなく、日本語でも同じである。

Example :

アンタ、毎週競馬行ってけど、そもそも儲かることがあるの?
(=儲かったためしがない)
  You go horseracing every Sunday. Do you ever win some money?

ワタシ、そう言わなかったっけ?
(=だから、言ったじゃないの)
  Didn't I tell you so?

どうして、そんなことができて?
(=そんなことがよくもできたもんだ)
  How could you do that to me?

一体だれが、あの人の悪口を言えるというの?
(=だれも、悪口を言えやしない)
  Who on earth could speak ill of him?

大相撲には、八百長がないって、だれが信じるんだい?
(=誰も信じない)
  Who believes that there are no fixed bouts among sumo wrestlers?

See you,
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2008年12月 7日 (日)

二重否定

今日の教えて : 日本語と同じく、英語にも二重否定の構文がある。以下の例のように、二重に否定することで、肯定の意味を強めるわけである。

例外のない法則はない。 = どんな法則にも例外がある
  There is no rule that has no exceptions.

朝の来ない夜はない。 = 夜の次には朝が来る
  There is no night that is followed by no morning.

というように学校では習ったと記憶しているが、実際の英語では、二重否定が否定の強調としても使われている。以下の例を参照せよ。

アンタ、ホントに何もわかっちゃいないのね。
  You really don't know nothing.

ただし、二重否定を、否定の強調として使うことは、英語を外国語として話す我々日本人は避けた方がよい。
  You really don't know anything. または、 You really know nothing.
の方が、無難である。

日本語でも、分かりにくい二重,、三重否定は存在する。たとえば、

「彼は、金持ちじゃない訳じゃない」 = 彼は金持ちだ

「彼は、金持ちじゃないじゃないですか」 = 彼は金持ちではない

「咳がでない日がない訳じゃない」 = 咳がでない日がある = 咳がでない

「咳がでない日がないじゃないですか」 = 咳がでない日がない = 咳がでる

「咳がでない日がない訳じゃないじゃないですか」 = ????? 一体どっちやねん。

日本語も、英語も、とかく否定語を重ねると、意味が分かりにくくなってしまう。シンプル・イズ・ベストだ。

See you,
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2008年12月 6日 (土)

単文と複文

今日の教えて : 英文を構造的にみると、「S+V (主語+動詞)」が、文中に一つだけの単文と、、「S+V (主語+動詞)」が、文中に二つあって、それらが接続詞で結ばれている複文とがある。

単文の例 :
「この車は燃費がいい」
  This car has good gas mileage.

複文の例 :
「この車は燃費がいいので、ガソリン代が安くすむ」
  As this car has good gas mileage, I can save money on gas.

単文と複文の違いが理解できたかな?同じ内容のことを、単文でも複文でも表すことができる。以下の例を参照せよ。上が単文で、下が複文だ。

アイツ、まじめすぎて、なかなか友達ができないんだよ。
  He is too serious to make friends easily.
  He is so serious that he cannot make friends easily.

大雪で、東北自動車道は、仙台、盛岡間が閉鎖されています。
  Because of heavy snow, Tohoku Expressway has been closed between Sendai and Morioka.
  Because it is snowing heavily, Tohoku Expressway has been closed between Sendai and Morioka.

その女優はスッピンでも、やっぱりきれいだった。
  The actress was beautiful in spite of no makeup.
  The actress was beautiful although she had no makeup on.

親の仕送りがなきゃ、一日たりとも生きちゃいけないっすよ。
  I cannot live another day without money from my parents.
  I cannot live another day if my parents don't send me money.

See you,
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2008年12月 5日 (金)

全部否定と部分否定

今日の教えて : 否定文には、全部を否定する全部否定と、一部分を否定する部分否定とがある。
"all"や "every"に "not"がつくと、部分否定になり、「すべてが~とは限らない」という意味になる。

"both"を否定文に使うと、「両方共が~というわけではない」と部分否定になる。

"always", "necessarily"も "not"がつくと、部分否定になり、、「必ずしも~ではない」と訳す。

以下の例で確認せよ。

上が部分否定で、下が全部否定だ。

全員が彼の意見に反対したわけではない。
  Every one was not against his opinion.

いいや、だれもアイツの意見なんか賛成せえへんかったで。
  No, nobody was for his opinion.
 
 

うちは、犬と猫の両方を飼うことはできんとです。
  I cannot have both a cat and a dog in my house.

へー、うちでは、犬も猫も両方とも飼われへんわ。
  Well, I can have neither a cat nor a dog in my house.
 
 

主人は、いつもいつも優しいわけではございませんのよ。
  My husband is not always gentle.

そうかい、うちのダンナは、いつだって優しくかないよ。
  Oh, yeah? My husband is never gentle.
 
 
 
バッハの旋律は必ずしも美しいとは申せませんわ。
  Bach's melody is not necessarily beautiful.

バッハだか、バッカだか知らんが、ちっとも美しかねえや。
  Bach or buttocks. It's not beautiful at all.
 

See you,
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2008年12月 1日 (月)

強調構文

今日の教えて : 文章を強調したい時に、強調したい語句を、"It is ( 強調語句 ) that ........."のようにすることがある。これを強調構文と呼んでいる。以下の例を参照せよ。上が普通の文章で、下が強調構文である。

彼は年金を必要としている。
  He needs pension payment.
彼が必要としているのは、年金なんだ!
  It is pension payment that he needs.


ダーリン スチーブンスは魔女と結婚した。
  Darring Stephens married a witch.
ダーリン・スチーブンスが結婚した相手は魔女だったのです。
  It was a witch that Darring Stephens married.
魔女と結婚したのは、ダーリン・スチーブンスであった。
  It was Darring Stephens that married a witch.


白雪姫は、毒リンゴを食べさせられた。
  Snow White was made to eat the poisoned apple.
白雪姫が食べさせられたのは、毒リンゴであった。
  It was the poisoned apple that Snow White was made to eat.
毒リンゴを食べさせられたのは、白雪姫だった。
  It was Snow White that was made to eat the poisoned apple.


北島三郎が、昨年の紅白のトリでした。
  Saburo Kitajima sang last at the year-end song festival last year.
昨年の紅白のトリは、北島三郎だった。
  It was Saburo Kitajima that sang last at the year-end song festival last year.

See you,
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ