2011年5月 5日 (木)

単語いくつ知ってたら、英語ってしゃべれるの?

今日の英語で英単語 : 記事は"The Chosunilbo"より。 単語を覚えるのに苦労されている英語学習者は多いはずだ。では、一体いくつ英単語を知っていたら、しゃべれるのだろうか? 

外国人が英語をしゃべるのに必要な語彙数は、2,000から3,000あれば十分だと私は思う。ただし、聞き取りや読書には最低でも1万語ぐらいは必要ではないだろうか?

私も英検1級を受験する際、英単語を覚える努力をしたものだが、1万語となるとそう簡単ではない。覚えても覚えても忘れて行くからだ。覚える努力をするよりも、むしろ、日々英語を読んでいるうちに自然とおぼえてしまうというのが一番だと思う。

皆さんはどのようにして単語を習得されましたか?

情報源 : http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2011/03/31/2011033101024.html

Photo

オックスフォード英語辞書によると左の100語が最もよく使われるものらしい。

(( Translation into Japanese by Mike Matsutani ))

When England manager Fabio Capello's poor command of English made headlines recently, the Italian replied, "If I need to speak about the economy or other things, I can't speak. But when you speak about tactics, you don't use a lot of words. I don't have to speak about a lot of different things. Maximum 100 words."
最近イングランド代表監督のファビオ・カペッロの英語力不足が見出しになった時、このイタリア人監督は、「もし私が経済などについて話さねばならないというのなら、私は英語でしゃべることはできない。しかし、(サッカーの)戦術についてならば、それほどの単語力は必要ではない。毎回違うことを話す必要はないのだから、100語もあれば十分だ」と反論した。

Citing research by the Oxford English Dictionary, the BBC on Wednesday listed the 100 most used English words.
オックスフォード・英語辞典の調査を引用し、BBCは水曜最も頻繁に使用される英単語100語をリストアップした。

"Communicating with Wayne Rooney does not require a Shakespearean command of English," was one unsurprising conclusion.
「(イングランドのサッカー選手)ウェイン・ルー二―と意思疎通を図るのに、シェークスピアの英語力は必要ではない」と言うのは、それほど意外な結論ではない。

But language experts said that the command of just 100 words is "tourist English," where some kind of meaning can get across, but not much more.
しかし英語の専門家に言わせると、たった100語で事足りるのは、いわゆる「旅行英語」にすぎず、ある程度の意味は伝えることができても、それ以上は無理なようである。

Peter Howarth, the deputy director of Leeds University's language center, said a grasp of 1,500 words is needed to communicate at an intermediate level, while native English speakers use between 7,500 and 20,000 words.
リーズ大学語学センターのピーター・ホワース副理事によると、中級レベルで1500語は必要で、ネイティブなら7,500から20,000語ぐらいを使っているという。

ブログを見られた方へ
以下のバナーをクリックしてもらうと助かります。
    |||
    |||    クリックすると幸せになれるかも
    V
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村 のブログランキングに参加してます。

See you
マイク松谷

[英語] ブログ村キーワード

2009年1月16日 (金)

英文読解 挿入

[英語] ブログ村キーワード
今日の教えて : 今日で、「英文読解」シリーズは最終回だ。これまで根気よく読んでくれた諸君の英文読解力向上の助けになってくれれば幸いである。英語上達法は、このブログを毎日読むことだ。(すんません、言いすぎです。)


<<英文読解 挿入>>

文章の途中に、説明のため、語句が挿入されることがある。挿入句は、カンマとカンマの間に挿入される。いくつか例を見てみよう。

(1) 私的には、カレOKかもね。
   
    I, for one, like him probably.


(2) 難しい質問だが、どちらかと言えば、彼に一日の長がある。

    Tough question, but, if anything, he is a bit more experienced..

(解説) "if anything"は、慣用句で、「どちらかと言えば」の意。

 
(3) 母さんはね、ホント言うとね、お前の実の母さんじゃないんだよ。

   I, to tell the truth, am not your real mother..

(4) で、もっと悪いことにね、おまえは父さんと愛人の間に生まれたんだよ。

   And, what's worse, you were born to father and his lover.

(5) 父さんは、お前も知っての通り、生来の浮気者だから。

    He is a man, as you know, who was born to be a playboy.

(6) お前が、そうあって欲しくないけど、その血を引いていないかと心配なんだよ。。

    I am afraid, although I hope not, you may inherit such a DNA from him..


See you tomorrow.
マイク松谷

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2009年1月15日 (木)

英文読解 共通構文

[英語] ブログ村キーワード
今日の教えて : 今日は共通構文について。馴染みの薄い文法用語かも知れないが。正しく文章を読み取るためには知っておいてほしい。

<<英文読解 共通構文>>

一つの語句が2つ以上の語句に、または、2つ以上の語句が一つの語句に共通につながるような構文を共通構文と呼ぶ。

(1) 派遣社員の、派遣社員による、派遣社員のための仕事が必要なのだ。

    What is needed is jobs of the temp staff, by the temp staff and for the temp staff.

(解説) "jobs"が、以下のように、"of"、"by"、"for" に共通にかかっている。

    jobs -------- of the temp staff (派遣社員の仕事)
          l
          ---- by the temp staff (派遣社員による仕事)
          l
          ---- for the temp staff (派遣社員のための仕事)

   
 
 

(2) 彼は自分の子供はかしこく、他人の子はバカだと思っている。

    He thinks his child is smart but that the others' are stupid.

(解説) "thinks"と "his"の間に "that" が省略されている。また、"the others'"の後ろに "children"が省略されている。 "

    "thinks"は、両方の "that"節に共通にかかっている。

   thinks --- (that) his child is (自分の子供は~だと思う)
        l
        but            (しかし)
        l
        --- that the others' (他人の子は~だと思う)

(補足) 2つのTAHT節のうち、前のTHAT節の "that"は省略出来るが、後ろのTHAT節の "that"は省略できない。 
 
 
 
  

(3) 人の欠点を指摘はできても直すことはできない。

    You can point out but can't correct others' defects.

(解説) "can point out" と "can't correct"が、"others' defects"に共通にかかっている。

    can point out (他人の欠点を指摘できる)--
                               l---- others' defects
    can't correct (他人の欠点を直せない)---
 

 
 
 

(4) 聘珍樓の自慢は、料理の数ではなく、質である。

    Heichinro is proud of not quantity but quality of dishes..

(解説) not A but B は、「AではなくB」という意味。 "quantity"と"quality"が "of dishes"にかかる。

   not quantity (料理の量ではなく) ----
                          l ---- of dishes
   but quality (料理の質である) ------

See you tomorrow.
マイク松谷

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2009年1月14日 (水)

英文読解 省略

[英語] ブログ村キーワード
今日の教えて : 英語には様々な省略がある。いくつか練習してみよう。

<<英文読解 省略>>

書かなくても、または言わなくても、相手にわかることは省略されるのは、日本語でも英語でもよくあることだ。いくつか実例をみて、実際に自分でも使えるようにしておきたい。

(1) 指紋は彼のものと一致した。

    The fingerprints mattched his.

    前にすでに出ている名詞は省略可能。

    The fingerprints mattahced his (fingerprints).
 
    
(2) 私は病院で、妻は葬儀屋で働いている
    
    I work at a hospital and my wife at undertaker's.

    2度目の動詞 "work"が省略されている。
    また、undertaker's の後に、office が省略されている。
    (例 : bsrber's = barber's shop )

    I work at a hospital and my wife (works) at undertaker's (office)
 

(3) そんなつもりじゃなく、食べたかったから食べただけなんだ。

    I didn't mean it. I ate it only because I wanted to.

    2度目の動詞 "eat" が省略されている。

    I didn't mean it. I ate it only because I wanted to( eat it).
 

(4) ビル・ゲーツは、俺の1年分の給料をたったの1日で稼ぐ。

    Bill Gates earns as much money in a single day as I in a year.

    "as" 以下に "earn money" が省略、

    Bill Gates earns as much money in a single day as I (earn money) a year.
 

(5) 思ってたほど親切じゃないんだわ。

    He is not as kind as I thought.

    最後に、"he was kind"が省略されている。

    He is not as kind as I thought (he was kind).
 

(6) 大きな会議室に一人残されて、心細かったよ。

    Left alone in a large conference room, I felt uneasy.

    これは分詞構文で、接続詞、主語が省略され、動詞は現在分詞形になる。
    Be動詞の場合は省略されることが多い。

    (As I was) left alone in a large conference room, I felt uneasy.
 

(7) 禁煙 (はり紙など)

    No smoking!.

    "No doing" で禁止を表すが、本来は "is allowed"が省略されている。

    No smoking ( is allowed ).


See you tomorrow.
マイク松谷

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2009年1月13日 (火)

英文読解 誇張表現

[英語] ブログ村キーワード
今日の教えて : 新聞や広告には、誇張された表現が多用される傾向がある。今日は、ある事柄を、万人がよく知っている事実と比較して大げさに言う英語表現をみてみよう。


<<英文読解 誇張表現>>

(1) Nothing ~ more than  ほど~なものはない。

貴女の瞳ほど、美しいものはない。
  Nothing is more beautiful than your eyes.

(解説) 存在しないものとの比較。つまり比較するものがないほどだという誇張方法である。
 
 
 
(2) What can be more ~ than ~ ?  ほど~なものがあるだろうか?

漢字が読めない首相がいることほどなさけないことがあるだろうか?
  What can be more miserable than our prime minister being unable to read Kanji?

(解説) 比較になるものがあるだろうか? いや、そんなものはありはしないという誇張表現
 
 

(3) no less ~ than  ~と同じほど

その新人ハリウッドスターには、マリリン・モンローばりの色気があった。
  The new hollywood star was no less sexy than Marrilyn Monroe.

(解説) 万人が認めるマリリン・モンローの色気と比較し、劣ることはないほどだと誇張している
 
 
 
(4) 最上級 + I have ever PP  これまで~したことがない

貴女ほど、輝いた女性にお会いしたことはありません。
  You are the most brilliant lady I've ever seen.

(解説) これまでの長い人生において、初めてであるという誇張表現。
 
 
 
(5) might as well ~ as  ~するくらいなら~する方がまし

あんなヤツと一緒に働くくらいなら死んだ方がましだ。
  I might as well kill myself as I have to work with him.

(解説) 誰もが嫌う「死」と比較してもさらに悪いことだと誇張している。

See you tomorrow.
マイク松谷

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2009年1月12日 (月)

英文読解 比較編

今日の教えて : 人はすべてのものを比較しないと気がすまないようだ。ならば、比較の表現を知らずしては生きてはいけない。今日は英語の比較表現について勉強してみよう。

[英語] ブログ村キーワード

<<英文読解 比較編>>

(1) 同等比較  as 形容詞 as   ~と同じくらい~だ

(A) She is as pretty as a child, and as naiive.

(B) She was as pretty as Ai Fukuhara as a child.

(C) She was often mistaken for Ai Fukuhara as she was as pretty as she.


(A) :  "She is as pretty as a child, and as naive (as a child)"ということ。

和訳 : 彼女は子供と同じくらい可愛く、また(子どもと同じくらい)無邪気だ。

(B) : "as a child"の "as"は、時を表す前置詞で、同等比較の "as"ではない。「子供のころ」という意味。

和訳 ; 彼女は子供のころ、福原愛と同じくらい可愛かった。

(C) : "as she was"の "as"は、理由を表す接続詞で、同等比較の "as" ではない。「~ので」という意味。

和訳 : 彼女は、愛ちゃんと同じくらい可愛かったので、よく福原愛と間違われた。
 
 
 

(2) 比較級 more ~ than  ~より~だ。

(A) I want to marry her more than he.

(B) I want to marry her more than him.


(A) ; "I want to marry her more than he wants to marry her."ということ。

和訳 : アイツ以上に、オレの方が彼女と結婚したいと思っている。
     (2人の男が一人の女性と結婚したがっている)

(B) : "I want to marry her more than I want to marry him."という意味。

和訳 : 私は、カレより、彼女と結婚したいのよ。
     (レスビアンだということ)

 
 
 
(3) 劣等比較 less ~ than  ~ほど~でない

(A) I am less kind than you.

(B) I am not as kind as you.

(A) ; "less ~ than" は、「~より、少なく~である」という意味であるが、普通の日本語では、「~ほど~でない」と訳す。つまり、(A)と(B)は、同じ意味になる。

和訳 : あたしゃ、お前さんほどお人よしじゃないよ。


See you tomorrow.
マイク松谷

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2009年1月11日 (日)

英文読解 隠れた主語、目的語

今日の教えて : 連日、難しい文法の話で恐縮だが、英文を正しく読みこなすには、どうしても知っておく必要があると思われるので、もう少し付き合ってほしい。今すぐ理解できなくてもいい。その内すこしずつ分かってくるはずだから。で、今日は、隠れた主語、目的語がテーマだ。


<<英文読解 隠れた主語、目的語>>

文章は、主語(S)、動詞(V)、必要に応じ、目的語(O)(1~2個)、補語(C)で出来上がっていると説明した。

  I made her happy.
  S V O   C

  (私は彼女を幸せにした)


文章中に節があればその中にも別のS,V,O,Cなどがある。

  I promised to her that I would make her happy 
  S  V         (S    V   O  C)

  (彼女を幸せにすると約束した)


節ではなく、句にも意味上の主語や目的語がある。以下の例で検証しよう。

(A) This is not the job for you to do
   S V      C  ( S   V)

  .(これは君がやるべき仕事ではない)


"for you to do" という句にある動詞 "do"の主語は "you"である。このようにTO不定詞の意味上の主語を表すには "for"を使う。 "do"の意味上の目的語は、"job"である。 つまり、"job"は、文全体の中では、動詞 "is"の補語であり、TO不定詞の "do"の意味上の目的語にもなっていると言える。
 
 
 
(B) Neighbors are bothered by his feeding stray cats.
    S    V    C    (S  V    O) 

  (隣人達は彼が野良猫にえさをやるので困っている)


"feeding"という動名詞の意味上の主語は、"his"のような所有格で表わす。
 
 
 
(C) His love of cats is true
       S    V  C

  .(彼のネコへの愛情は本物である)


この文章全体の主語は、"his love of cats (彼のネコへの愛情)"であるが、この主語を細かく見ると、

  his love of cats 
  S  V    O

  (彼のネコへの愛情 = 彼が猫を愛すること)

"love”を動詞と考えると、その主語は "his = he"で、目的語は "cats"である。つまり、これは、

  He loves cats

という文章を名詞句に変えたものである。


See you tomorrow.
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2009年1月10日 (土)

英文読解 2つの "it ~ that" 構文

今日の教えて : 今日は、2つの "it ~ that" 構文について勉強しよう。


<<英文読解 It ~ that 構文>>

"it ~ that" 構文には2種類あるのはご存じかな。

(A) These days it is common sense that young people lack manners.
(B) These days it is common sense that young people lack.


(A)の場合、"It".は仮主語と呼ばれ、うしろのTHAT節が真主語を示している。本来は、

These days (that young people lack manners) is common sense.
                    S       V    C

という文章だが、主語(That young people lack manners)が非常に長いので、これに代わり、意味のない "It" を主語にし、THAT節を後回しにして文章をすっきりさせている。

(注) 文頭の "These days"は、名詞のように見えるが、実は前置詞のない副詞句であるから主語にはならない。 In these days の In がとれたものと考えられる。

一方(B)の場合、"lack"の目的語がないので、不完全な文章になっており、THAT節とは言えない。"lack"の目的語は、前にある "common sense"である。このように、文章の一部を切り取って、"It is"と"that"の間に入れたものを、"it ~ that”の強調構文という。本来は、

These days young people lack common sense.

という文章だが、common sense を前に持ってくることによって、common sense を強調しているのだ。


(A)の和訳 : 最近では、若者に礼儀が欠けているというのは常識である。
         (欠けているのは礼儀であって、常識ではない)

(B)の和訳 : 最近の若者に欠けているものは常識である。
         (欠けているのは常識である)

このように、よく似た構文だが、意味が全く違うので注意が必要だ。


See you tomorrow.
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2009年1月 9日 (金)

英文読解 同格

今日の教えて : 今日は、同格についてだ。


<<英文読解 同格>>

前置詞のつかない名詞、名詞句、名詞節は、文中において、主語、目的語または補語のいづれかになるということはすでに述べた。例外的に、主語、目的語、補語ではなく、それらを補足説明するための同格というものがある。いくつか例を挙げてみよう。


(1) 主語と同格

Ai Iijima, former TV personality, was found dead in her condo.
  
Ai Iijima = former TV personality (同格)
"former TV personality" は、前の "Ai Iijima"を説明している

和訳 : 元タレントの飯島愛さんが自宅で死亡しているのが発見されました。
 
 

(2) 目的語と同格

I don't like caviar so much, one of the three delicacies most exensive in the world.

caviar = one of the three delicacies most expensive in the world

和訳 : 世界で最も高価で三大珍味のひとつだが、キャビアはそれほど好きではない。
 
 

(3) 補語と同格

She is a woman announcer, one of the most popular jobs among female college students.

woman announcer = one of the most popular jobs amoung female college students

和訳 : 彼女の職業は女子大生に一番人気の女子アナです。
 
 

(4) 代名詞が同格になっている

He, himself, is unaware of it.

和訳 : 彼は自分自身そのことに気づいていない。
 
 

(5) 名詞節が同格になっている

You haven't answered the question whether he is innocent.

question = whether he is innocent

和訳 ; あなたはまだ彼が無実かどうかの質問に答えていません。


See you tomorrow.
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

2009年1月 8日 (木)

英文読解 倒置

今日の教えて : 今日は、英語の語順と倒置の話だ。


<<英文読解 倒置>>

日本語には助詞があるので、以下の例文のように、父、私、白犬の語順がどのように変わっても意味を取り違えることはない。

父が私に白犬を買ってくれた。

父が白犬を私に買ってくれた。

私に父が白犬を買ったくれた。

私に白犬を父が買ってくれた。

白犬を父が私に買ってくれた。

白犬を私に父が買ってくれた。

一方、英語では以下の2通りにしか書けない。

My father bought me a white dog.
My father bought a white dog for me.

仮に、"A white dog bought me my father ( 白犬が私に父を買ってくれた) "などと書けば、頭がおかしいのかと思われてしまう。(白犬が父でありうるのはTVのコマーシャルの世界だけだ。)

ほとんどの英語の文法書の第1章が「文型」の説明で始まっているのを見ても、英語ではいかに語順が大切かわかるであろう。

しかし、意味を強調したいがために、あえて語順を変えることがある。これが倒置と呼ばれるものだ。あくまで例外なので、慣用句になっているものを除き、多用すべきではないが。

(1) 否定の副詞が先頭

Never in my life did I tell a lie. ( I never told a lie in my life.)
ウソは一度たりとも言ったことがない

Hardly can I read chinese letters. ( I can hardly read chinese letters.)
漢字はほとんど読めない

(2) 前置詞句が先頭

From nowhere appeared the witch. (The witch appeared from nowhere.)
どっからともなく、魔女が現れた。

On top of the small hill covered with snow stands his house.
( His house stands on top of the small hill covered with snow.)
雪をかぶった小高い丘の頂上にあるのが彼の家だ。

(3) "So" や "neither"が先頭

So do I.
So am I.
Neither do I など。(意味は、いずれも、「私もそうです」)

(4) 仮定法の助動詞が先頭

Should you have any questions, please let me know.
( If you should have any questions, please let me know.)
ご質問がございましたら、お知らせください。

(5) 目的語が先頭

A song everyone deeply loves poeple call a great one.
( People call a song everyone deeply loves a great one.)
だれもが愛してやまない一曲を、人は名曲と呼ぶのである。

See you tomorrow.
Mike Matsutani

ブログのランキングーに参加してます。
にほんブログ村 英語ブログへ <--- ここをクリックすると幸せになれるかも

ブログランキング

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ